Kuri
Mayfield Robotics
Bosch

愛らしい家庭用ロボットのKuriが、自分で充電できるようになった

次の記事

Google I/Oで行方不明者になったATAPチーム、ハードウェアチームにマージされていた

Kuriは、Mayfield Roboticsというスタートアップが作ったお手伝いロボットだ。新しい機能を加えて年内に予定より少し早く発売される見込みだ。Pixarの映画から出てきたようなこの愛らしいロボットは、自分で充電に行けるようになった。室内の状態を理解する能力が向上し、スピーカーの音質もよくなった。

Mayfieldは、Boschが作った社内ベンチャーで、製品化に必要なWiFi信号の検証テストも完了した。

Kuriが初めて披露されたのは2017年のCESで、感嘆符(!)を逆さにしたようなルックスがメディアや聴衆の人気をさらい、口うるさいテク系ブロガーの心をつかんだ。当時Kuriは予約を受け付け、2017年のホリデーシーズンに出荷すると約束した。その後もMayfieldは定期的に情報を更新して、この友達ロボットが実際にやってくることを顧客に確信させた。

Kuriは今回のアップデートで、必要になると自分で充電場所を見つけて充電できるようになった。これは、製品発売までに約束していた重要な機能だ。また周囲の状態を以前より正確に把握できるようになった。これは、実際の家でテストを繰り返すことによって室内の配置を理解したためだ。

Kuriは、ユーザーの指示に返事をするときも、音楽を再生するときも音が良くなった。これはできるだけ人間に近づいて家庭や人々の歓迎されるために不可欠な要素だ。

Mayfiledは、目標とする出荷時期に向けて、夏頃にまた最新状況を発表すると言っている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook