フードデリバリー

Facebookがメインメニューからの“Order Food”オプションをテスト中

次の記事

ニューラルネットワークに塗料の色の名前をつけさせたら、不可解だけど笑える結果ばかり!

Facebookアプリを使うと、デリバリーサービスやレストランの独自のアプリやウェブサイトに移動しなくても、お気に入りのレストランの料理を、Facebookアプリ内で直接注文することが容易になるようだ。Facebookのウェブとモバイル双方のメインナビゲーションの中には、現在限られたユーザーを対象に”Order Food”という新しいオプションが登場している。

デスクトップ上ではカラフルなハンバーガーアイコンで、あるいはモバイル上では青と白のハンバーガーアイコンで示されるこのオプションを使えば、Facebookユーザーたちは、Delivery.comまたはSliceを使うレストランのメニューを選び配達を注文することができる。

上図;モバイル上の”Order Food”メニュー

上図:デスクトップ上の”Order Food”メニュー

このメニューオプションを利用すれば、注文からチェックアウトまでの全プロセスがFacebook上で完結する。

この機能は、昨年の10月にFacebookが発表した、Delivery.comならびにSliceとの間に締結したオンライン注文ビジネスの拡張の1つだ。そのときには、Facebookユーザーたちは、サポート対象レストラン自身のFacebookページから、”Start Order”ボタンを通して注文が行えるようになると発表されて、現在それが可能になっている。

メインナビゲーション内の”Order Food”の働きも似たようなものだ。しかし、全てのサポート対象レストランが1つのページに集められているので、より便利なものとなっている。そこには、ピックアップ写真、価格帯($$$などの形式で表示)、星による評価、料理の種類などを伴う、レストランのリストが掲載されている。また配達可能なのか、店に取りに行くのは、あるいはどちらも可能なのかといった情報も提示される。

店を選んで”Start Order”をクリックすると注文プロセスが始まる。ここから先はレストランのFacebookページから行っていたこれまでのやり方とほとんど変わらない。

昨夜カルツォーネをモバイルで注文するのに利用した、とあるユーザーによれば、タップして注文を始めて、メニューを眺め、カートにアイテムを追加し、注文を編集し、チップを入力し、Facebookの中でDelivery.comもしくはSliceが提供しているモバイル機能を使って支払いを行ったそうだ。

  1. 6iqsbc3h.jpg

  2. 65n2phny.jpg

  3. w_3mcc57.jpg

  4. 5-aos44c.jpg

  5. 63_wofm0.jpg

支払いが完了すると確認画面が表示され、注文内容、注文が到着する予定の時間帯、または引き取り可能予定時刻が表示される(同時に電子メールも送られてくる)。

おそらく機能がまだ公開途上であるため、利用開始に際しては少し不安定なところも見られた。たとえば、あるときはオプションそのものが消えて、再び現れたりしたし、また別の場合には私の場所に配達できるレストランはないと言われたり、また私自身が試していたときには”Order Food”は私のiPhone上に表示はされたものの、それをタップしても正常にページがロードされなかったりした。

Facebookユーザーにとって、これは便利な機能の1つだ。Facebookアプリを離れて注文したり、個々のFacebookページにいちいちアクセスして、オンライン注文が利用可能かどうかを確認する必要はない。しかしFacebookにとって、これはユーザーがデバイス上に既にインストール済の他のアプリの機能を複製して、内部に取り込む別の例でもある。こうして様々な機能を提供することで利用者たちを壁(アプリ)の内側に留めようとしているのだ。

ここ数カ月の間に、Facebookは天気 、”discover people“(フォローする人を見つけよう)というセクション、”city guide“と呼ばれるトラベルセクション、”town hall“を介した行政情報、オンライン求人情報、募金活動 、インスタントゲームなどの様々な種類の機能を導入して来た。

Facebookにコメントを求めたところ、この”Order Food”は昨年10月に発表されたFacebookページを介したSliceとDelivery.comによる注文機能と関係しているが、この新しいボタンが一般米国ユーザーに開放され始めるのがいつかは決まっていないとの回答を得た。

しかし、このプロダクトに詳しい情報筋によれば、この機能は昨年10月に公開された機能と同じもので、現在Facebookはそのメインナビゲーション上でのフード注文の場所をテストしている最中だということだ。これはテスト運用に過ぎないので、Facebookユーザー全員が現時点でこのオプションを見ることができるわけではない。

(画像クレジット:@fbjag; @mattlynley)

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)