TechCrunchのガジェット担当レビュワー、世界一強いコーヒーを飲む

次の記事

Excelでの予実管理にさようならーーDIGGLE運営のタシナレッジが総額5500万円を調達


本誌のガジェット担当レビュワー、Doug Aamothは、Black Insominaという世界一強いコーヒーを一杯飲んでも心臓が飛び出さなかった経験以来、救いようのないカフェイン中毒に陥っている。2杯目を飲んだ後、彼は過去と未来が同時に見えるようになってから、最終的にほろ酔い状態でおしゃべりしていた。

[日本語版注:355ml あたりカフェイン702 mgを含む、とパッケージには書かれている。これは100 mlあたり約200 mgに相当する。ちなみに一般的なコーヒーのカフェイン含有量は100 mlあたり60 mg程度]

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook