sensors
Series B funding

小型高精度のレーダーシステムを作るEchodyneが$29Mを調達、ドローンや自動運転車にレーダー能力を実装

次の記事

このコンセプトビデオは、iOS 11の大きな改善点を提案する

自動運転車は自分の回りのものを検出して接触や衝突を避けるための、センサーを必要とうする。しかも車が高速で動いているときには、前もって、正確に、十分に早く、ものを認識して衝突を避けることが必要だ。

そのための既存のシステムの多くが、何らかの光測検出系とカメラを主に利用している。しかし、そういうLiDAR(レーザー光測装置)やカメラの効力は天候に左右される。彼らは霧や塵埃、悪天候の中では視力が落ちる。遠くの物も、苦手だ。そして、その多くが十分な堅牢性とコンパクト性を欠き、おそらくドローンなどでは使えない。

そこで投資家たちは今、軽量レーダーシステムのEchodyneに2900万ドルを投資しようとしている。その製品はまずドローン用からスタートするが、今後は自動車やボート、移動能力のあるロボットなどにも利用できる。これでやっと、自動運転車が十分な自律能力を持つかもしれない。

この新たなラウンドでEchodyneの総調達額は4400万ドルになる。このシリーズBのラウンドを仕切ったのはNew Enterprise Associates、これにBill Gates, Madrona Venture Group, Vulcan Capital, Lux Capital, The Kresge Foundationなどが参加した。

Echodyneのレーダーシステムはコンパクトで軽いから、たとえば送電線や農地などを点検監視する商用のドローンにも乗せられる。そのポケットサイズのレーダーのデモを、本誌も今月の初めに報じた。その記事には、LiDARや従来のセンサーとの違いも説明されている。

EchodyneのCEO Eben Frankenbergによると、これまで作ってきたのはドローン用のレーダーのみで、今それを組み込んだ製品を開発中のドローンメーカー(複数)の社名は明かせない。自動車用のレーダーシステムは、まだ‘開発途上’だそうだ。

今回の資金の用途は、生産能力の拡大(今の年産数百台から数千台のオーダーへ)と、レーダーのソフトウェアの改良と機能拡張に充てられる。

“わが社のハードウェアは、既存の商用レーダーよりずっと進んでいる。ジェット戦闘機のノーズコーンに収まっている、フェーズドアレイレーダーのような使い方も十分にできる。でもレーダーが捉えた像で何ができるか、というソフトウェア的可能性は、まだ十分に汲みつくしていない。たとえば、ある種の、コンピューター・ビジョンのようなソフトウェアも可能なはずだ”。

同社のレーダーはポイントクラウド(点群)と像の両方を作るので、コンピューター・ビジョンの場合と同じように、ニューラルネットワークやAIによる処理も可能だ。それにより自動運転車などは、自分の環境をより正しく認識分類できる、とCEOは語る。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))