テニスのスーパースター、セリーナ・ウィリアムズがSurveyMonkeyのボードメンバーに就任

次の記事

SNSやGitHubのデータから最適な人材を発掘、AIヘッドハンティングの「scouty」が公開

セリーナ・ウィリアムズ(その通り、あのセリーナ・ウィリアムズだ)が消費者サーベイスタートアップSurveyMonkeyのボードメンバーに加わった。IntuitのCEOであるBrad Smithも同時に参加が決まった。

これは、このテニススパースターにとって、シリコンバレーでの初めての冒険である。SurveyMonkeyの広報担当者によれば、他のボードメンバーとFacebookのCOOであるSheryl Sandbergからの提案があったということだ。

Sandbergも昨年夏同社のボードメンバーに加わっていたが、それは同社のCEOだった夫のDave Goldbergが突然亡くなったショックから立ち直り始めた後のことだ。

ウィリアムズの婚約者でRedditの共同創業者であるAlexis Ohanianを通した、シリコンバレーとの関係は想像しやすい。しかしSandbergとその夫は、ウィリアムズの長年の友人だったし、SurveyMonkeyもボードに何らかの変革を呼び込もうと考えていた。

SurveyMonkeyの現在のCEOZander Lurieは、ウィリアムズの「ボードでの発言は、当社や、投資家たち、そして業界に強いメッセージを届けます」と語った。「私たちは変革のエージェントを必要としているのです」。

Fortuneによれば、Lurieとウィリアムズは、去年の秋にSandbergの家のディナーパーティーで同席して以来、一緒に仕事をする可能性について話し始めたということだ。ウィリアムズは「全てがスムースにまとまりました」と語っている。

世界最高のテニスプレイヤーの1人であり、7760万ドルを超える賞金などをそのキャリアで稼いできた賞金女王であることはさておくとして、ウィリアムズはその驚異的なテニスの成果の周りにいくつものビジネスも立ち上げている。彼女はかつてPumaと特別な関係を持っていたし、NikeやJ.P. Morgan Chaseとも契約を結んでいた。彼女はまたAneres(彼女の名前を逆に綴ったもの)という名のアパレルブランドを持ち、Home Shopping Network(HSN)上で、彼女自身のハンドバッグとジュエリーのコレクションを開始した。

ウィリアムズは、こうした業績をハイテク業界でも有効に活用する機会があると考えているのだ。「ビジネスプロフェッショナルとして、私は絶えず問いかけを行います」TechCrunchに対する声明の中で彼女はそう述べている。「SurveyMonkeyでも、私は何が起こっているのか、そしてなぜかを尋ねるようにしています。私たちはまた、全ての声を吸い上げるための強い決意を共有しています」。

SurveyMonkeyはオンライン調査のスタートアップQualtricsと競合している。Fortuneによれば、Fortune500企業の大部分が洞察を得るためにSurveyMonkeyによるオンライン消費者調査を使っている。しかし調査データの質は、質問の種類と何を尋ねるべきかを知っているかどうかに依存する。1つの部屋に居る同質の人間たちからは、ユニークな洞察を得るのは難しいかもしれない。

また留意しておくべき点は、シリコンバレーにはこれまで女性や多様性に関する大きな実績がなかったということだ。ウィリアムズの参加は、同社にとって新鮮で(必要な)声をボードに加えるための偉大な成果であり、彼女の素晴らしいキャリアはSurveyMonkeyの未来を形作る手助けをしてくれることだろう。

Ingrid Lundenによる追記が行われた。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)

FEATURED IMAGE: GETTY IMAGES