機械学習による画像認識とAR(拡張現実)を結婚させて企業のツールにしたいBlipparが車の車種年式当て技術を発表

次の記事

600DPIの電子ペーパースクリーンは眼福

自分は、車をよく知ってる方だ、と思う?

でも、Blipparの今度の機械学習技術は、どんなに車通(つう)の人より、すごいかもしれない。この拡張現実/ビジュアル検索企業が今日、自動車を認識する技術を発表したのだ。

BlipparのAIは、2000年以降に作られたアメリカ車のメーカー、車種、そして年式を当てる。ただしその車の現在の速度が15mph以下である場合。

Blipparは最初、企業やパブリッシャーのためのARプラットホームとしてローンチした。Blippと呼ばれる小さなタグを使って、企業はケチャップの瓶のラベルとか雑誌の中の広告などのコンテンツを指定する。ユーザーがそれをスマートフォンのカメラでスキャンすると、その上に拡張現実のコンテンツが現れる。

その後同社は方向を変えて、ビジュアル検索に注力した。Googleの検索は言葉(その物の名前など)を知らないと検索できないが、ビジュアル検索なら、花やファッションなどをカメラで覗くだけでよい。

同社は昨年まで、テーブル、椅子、コップなどなど一般的な物のビジュアル検索を作っていたが、それによって、もっと特定の物をビジュアル検索できるための技術的基盤を獲得した。

その最初の挑戦が、自動車の認識だ。

車種当てで遊んでみたい人のためには、Blipparアプリにこの技術が導入される。メーカー、車種、年式だけでなく、その車の評判や360度写真も見れる(車内と車外両方)。でも同社としての本格的なビジネスは、同じく今日ローンチしたAPIだ。

中古車販売店や保険屋さんは、この自動車認識技術を自分のアプリに組み込み、ビジネスに利用できる。店員や営業は、自分の脳に大量詳細な車種知識がなくても務まるだろう。

現在の認識精度は97.7%以上で、Blipparの主張では、ほとんどの人間の目視判断能力を超えているそうだ。

来年はBlipparから、もっといろんな商品種や業種用の認識技術/APIが登場するだろう。CEO Rish Mitraによると、次はファッションで、もうすぐ出るそうだ。

Crunchbaseによると、Blipparはこれまでに、Qualcomm VenturesやKhazanah Nasionalなどから総額9900万ドルを調達している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))