UberとLyft、オースチンでの営業を再開へ

次の記事

著作権管理ブロックチェーンのBindedが、朝日新聞などから95万ドルを資金調達

UberとLytfはテキサス州オースチンでの営業を2016年に中断した。当局が両社の事業を困難にする規則を強制したためだという主張だった。規則には、ドライバーの指紋に基づく身元調査の要求や、市内の一部道路での乗降禁止などが含まれていた。このほどUberとLyftはいずれも営業を再開することになった。テキサス州議会で、乗り合いサービスに関する地域規制を覆す法案が通過したためだ

グレッグ・アボット州知事は月曜日(米国時間5/29)に新しい法案に署名する。両社は同日にサービスを再開するとThe Texas Tribuneが報じた。正式にはHB 100と呼ばれる同法案は、実質的にオースチン市当局が制定した規則を覆すものであり、州内の相乗り事業の要件を統一し、年間費用のかかる州の認可を必要とする。身元調査は地域、州、および国レベルで実施する必要があるが、指紋の提出は求められない。

Uberは月曜日にオースチン市で事業を再開することを正式に表明し、広報担当のTravis Considineを通じてTechCrunchに以下の声明が送られてきた。

オースチンはテクノロジーと起業家精神を育む場所であり、この町に戻ってこられることを嬉しく思う。当社の地域チームはUberがオースチン市民の役に立つよう、またドライバーが利益を得られるよう全力を尽くす。この都市ですべき仕事はまだたくさんあるが、今後を大いに楽しみにしている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook