ザッカーバーグ、母校ハーバードで卒業の祝辞――寮の自室を再訪してFacebookの創立を回想

次の記事

AlphaGo、世界ランク1位のプロ棋士に連勝

ハーバード大学をドロップアウトしてFacebookを創立したマーク・ザッカーバーグがとうとう母校から学位を得た。さらに366回目にあたる卒業の祝辞を述べる。

このスピーチは東部時間で今日の午後3:30から(日本時間4:30)からだ。ライブ・ストリーミングを下にエンベッドした。祝辞を聞いてから記事もアップデートする予定だ(日本版:アップデート記事はこちら)。

下はマーク・ザッカーバーグがハーバードを去って以来、初めて寮の自室を再訪した自撮りビデオ。同室のダスティン・モスコヴィッツ、クリス・ヒューズらと共にマーク・ザッカーバーグはこの部屋でFacebookを作った。

〔日本版〕ザッカーバーグの後ろにH33という部屋番号が写っている。後ろは妻のプリシラ・チャン。ザッカーバーグ自身が自分のデスク、モスコヴィッツのベッド、ホワイトボードを押し込んだ狭い通路などをビデオに撮りながら説明。後に同室になったクリス・ヒューズがFacebookの立ち上げにいかに貢献したかも語られている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+