Uber CEO、カラニックの母がボート事故で死亡の悲劇

次の記事

トップ棋士に3連勝したAlphaGo、引退を表明

Uberによればカラニック家を悲劇が襲ったという。昨日(米国時間5/27)、UberのCEOのトラビス・カラニックの両親はフレズノでボート事故に遭い、母のボニー・ホロィッツ・カラニックが亡くなった。父のドナルド・カラニックは負傷した。

Uberは次のような声明を発表した。「昨夜トラビスと家族は信じがたい悲劇に見舞われた。トラビスの母はフレズノ近郊での深刻なボート事故により 亡くなった。父は負傷した。われわれはこの悲劇的な事態にあってトラビスと家族に心から同情し祈りを捧げている」

フレズノ郡警察によ事故の状況

カラニックは両親と非常に親しかったといわれている。カラニックは最近ケンタッキー・ダービーで両親と共に撮った写真をTwitterに投稿している。

ボニー・カラニックは71歳だった。TechCrunchはカラニック家に謹んでお悔やみを申し上げる。

画像: Krisztian Bocsi/Bloomberg via Getty Images

〔日本版〕モーターボート事故が起きたのはフレズノ市中心から東に40kmほどのPine Flat Lake。父は病院で手当を受けているという。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+