Uber取締役会、元司法長官の調査結果を今週受領か

次の記事

LeEcoのアメリカ進出は失敗の典型―中国のコングロマリットの派手な上陸作戦の結果は大量レイオフ

Uber取締役会は、同社の職場文化に関するエリック・ホルダー元司法長官による調査結果を水曜日(米国時間5/31)に受取る予定であるとAxiosが報じた。ホルダー氏の調査は、元Uber社員のSusan Fowlerがブログ記事で、自身の受けた性的嫌がらせや職場内差別などについての体験を詳しく述べたことが発端となった。

ホルダー氏はCovington & Burling法律事務所の同僚、タミー・アルバラン弁護士と共に本調査を指揮しており、取締役会全員に対して結果を報告する。ホルダーのチームは、本件に着手して以来Uber取締役会のDavid Bonderman、Bill Gurley、Arianna Huffingtonらからなる小委員会に毎週経過を報告してきた。4月にホルダー氏とアルバラン氏は調査日程の延長を要請した。当時Huffingtonは、調査対象は「数百人の社員」から送られてきた情報からなると話した。

その時Huffingtonは、変更後の調査報告時期を「5月末」と話しており、今週予定されている報告会の時期と一致している。報告書は、Uber取締役会が受け取った後一般に公開されると、3月に行われたUberの職場文化と雇用慣習に対する取り組み方法に関する記者会見でHuffingtonが語っている。Axiosの記事は、Uber CEO Travis Kalanickの母が先週末にボート事故で急死したことから、聴聞会の日程が変更される可能性があると伝えている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook