spam

Google曰く、Gmailのスパムとフィッシングメールは機械学習を使って99.9%ブロックしている

次の記事

LINEやFacebookに送れる電子チケットシステム、トランスコスモスが新会社

本日(米国時間5/31)Googleは、同社の機械学習モデルがスパムとフィッシングメールを99.9%の精度で検出できるようになったと発表した。

これは、まだ1000通に1通はすり抜けることを意味しているが、かなり良い数字だとGoogleは言っている。私もそう思う。Google自身のデータによるとGmailが受信するメールの50~70%はスパムだ。各種の検出モデルはGoogle Safe Browsingツールにも組み込まれており、悪質なURLへのリンクを検出している。

フィッシング検出性能をさらに改善すべく、GoogleはGmailの配信を少し遅らせて、さらに詳しくフィッシング分析をするシステムを作った。フィッシングメールは、総合的に分析したほうが検出が容易なため、Googleは疑わしいメールの配信を遅らせ、リアルタイムにアップデートされたアルゴリズムを使うことでさらに詳しい分析を行おうとしている。なお、この対象になるメッセージは全体の0.05%にすぎない。

GoogleがGmailに加えようとしているもう一つの新機能は、主として企業が自社のデータを保護することを目的としている。社外の定期的にやりとりしていない相手からのメールに返信しようとすると、Googleは警告を表示して本当にこのメールを送る意思があるかを確認する。Googleは以前から企業向けにこの種の意図しない(および時として意図的な)データ共有を防ぐために高度なフィルター群を提供してきた。しかし、これを設定したくない企業にとって、この新システムは少なくともある程度の保護になるだろう。

そして最後にもうひとつ、Googleはマルウェアサイトにつながる悪意あるリンクをクリックしようとしていることを知らせる新しいクリック時警告も追加した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook