Sherpa

SherpaはInstagramの写真を使った旅行ガイドアプリ

次の記事

子ども向けデビットカードのGreenlightが750万ドル調達

旅行先のおすすめスポットを探す方法はたくさんある――Pinterest、Google Destinations、旅行ブログ、Condé Nastが手がけるTravelerなどの旅行メディアなどがその例だ。しかし、今週ローンチしたばかりのアプリ「Sherpa」は、Instagramこそがその最良の方法だと主張する。このiOSアプリはInstagram上の写真を集め、それを使ってトラベルガイドを構築するというもの。ガイドにはFoursquareやWikipediaなどから取得した外部データも加えられる。

Sherpa共同創業者兼CEOのPaul Aaron氏は、ニューヨークでデザインスタジオのModern Assemblyを創業した人物。彼はそこでCoca-Cola、UNICEF、Droga5、The Climate Reality Project、The Rock(Dwayne Johnson)などのブランドと共にプロジェクトを展開していた。また、Silver + PatnersとCrispin Porter + Boguskyではデジタル部門長として数年間務めている。

「Sherpaのアイデアが生まれたのは、私が以前立ち上げたデジタルデザイン・スタジオのModern Assemblyで、旅行レビューサイト大手のWebデザインのピッチを行ったときでした」とAaron氏は語る。「そのビジネスに深く関わるうちに、私はそのレビューシステム自体が面倒なユーザーエクスペリエンスや、貢献しづらくてウソの情報が生み出されやすい構造を生み出していると考えるようになりました」。

「Sherpaのアイデアとは、すでに私たちが毎日シェアしている写真を活用して旅行プランをつくるというものです。より信頼性が高く、感情に訴えかけ、より簡単に参加可能な旅行プランです」とAaron氏は話す。

同社は現在世界90カ国にいる2000人のインスタグラム写真家――またの名を「マイクロインフルエンサー」たち――と共にガイドをつくりあげている。Andrew Kearns氏Roman Koenigshofer氏Marianne Hope氏Sean Byrne氏Kristen Alana氏Irina氏Patrick Florian氏Lukas Elias Winkler氏などがその例だ。

Sherpaは写真家たちのコンテンツを集め、それをもとにさまざまなタイプの旅行者に向けたガイドをつくりあげる――バックパッカー、冒険家、余暇を利用した旅行者など種類はざまざまだ。ローンチ時点で50万枚の位置情報付きの写真を利用した1万5000以上の旅行ガイドが作られている。

アプリを利用する際にはまず、Eメールと「本拠地(居住地)」を入力して自分のInstagramアカウントとSherpaを連携する。また、自分のInstagramにある写真の位置情報を利用することで、これまでに訪れた国や地域をアプリに教えることもできる(このオプションを有効にすると自分の写真がSherpaで公開されることになる。だから、もしあなたがInstagramアカウントを非公開にしている場合は、このオプションを利用しないほうがいいだろう)。

あとは、特定の旅行先をサーチするか、「トレンド」から気になる旅行ガイドを選ぶだけだ。アプリに表示されるWikipediaからの情報で旅行先のおおまかな雰囲気を掴むことはできるが、Sherpaの本来の目的は集められた写真からインスピレーションを得ることだ。

気になるガイドが見つかれば、それを「スーツケース」に保存することができる。するとSherpaがユーザーの好みに合わせてアプリに表示されるコンテンツをパーソナライズしてくれる。

Sherpaはガイドをブラウジングするアプリであり、航空券やツアーを予約するなどの具体的な”旅行プランづくり”には向いていない。

しかし、今後そのような機能が追加される可能性もある。

  1. img_3695.jpg

  2. img_3693.jpg

  3. img_3694.jpg

  4. screen-shot-2017-05-10-at-2-57-57-pm.png

  5. screen-shot-2017-05-10-at-2-58-24-pm.png

「将来的には、Sherpaにあるすべての写真を通してさまざま予約ができ、人気のホテルや隠れた名所などを探せるようになります」とAaron氏は語る。「プラットフォームが成長すれば、一般の旅行代理店と同じように予約手数料から収益を生み出していきます」。

だが、無駄のないデザインと美しい写真をもつSherpaは、今のままでも旅行先を発見するためのアプリとしての利用価値はあるだろう。

ブルックリンを拠点とするSherpaのチームメンバーは、Aaron氏、共同創業者のAdam Gettings氏、同じく共同創業者であるTom Hadley氏の3人だ。これまでに同社はエンジェルラウンドで少額の資金調達を実施している。

Sherpaは過去6ヶ月間のクローズドβテストで旅行先ごとのガイドやコミュニティを構築してきた。

それを終えたSherpaは現在、App Storeから無料でダウンロードできる。

[原文]

(翻訳:木村拓哉 /Website /Facebook /Twitter