VRチャットサービスの「cluster.」が優勝——IVSのピッチコンテストLaunch Pad

次の記事

「クラウドファンディングだけでなく、あらゆる資金ニーズに応える」CAMPFIREが6億円調達で事業拡大

6月5日〜7日にかけて兵庫県で開催中の招待制イベント「Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobe」。7日の朝には同イベントで恒例となっているピッチコンテスト「Launch Pad」が開催された。1社6分間のプレゼンテーションに審査を通過した14社のスタートアップが挑戦した。1位となったのはVRチャットサービスの「cluster.」だった。2位はネイルプリントサービスの「INAIL」、3位のWiFi接続サービス「タウンWiFi」、4位ビザ申請サービス「one visa」、5位飲み会マッチングサービス「LION Project」だった。登壇企業のサービスは以下の通り。

Popshoot:「よろペイ

お金の立て替えや貸し借りについての「メモ」を記録していく機能を軸にした個人間決済アプリ。ユニークなURLを発行し、貸し借りの相手がそのURLにアクセスすることでクレジットカード決済ができる。今後は店舗での支払い機能などを導入したり、独自のローンを提供することも検討する。詳細はこちら

タウンWiFi:「タウンWiFi

公衆WiFiの接続サービス。事前にWiFiサービスを選択すれば、接続可能なエリアに入るだけで自動的に対象のWiFiに接続できる。世界6カ国・200万スポットをカバーしており、累計200万ダウンロード、100万MAU(月間アクセスユーザー)。8月にはアジア、10月にはヨーロッパに展開する。今後は有料WiFiのアクセス権利販売、接続情報に合わせたプッシュ広告サービスでマネタイズを進める。

アスツール:「Smooz

ブラウザアプリ。レンダリングエンジンは標準のWebkitだが、高度なタブ操作や、履歴を元にレコメンデーションを行う検索、独自のソーシャルブックマークといった機能を提供することで、標準ブラウザであるSafari以上の体験を提供する。1人あたりのエンゲージメントは1日80ページ、起動回数5.6回。マネタイズは検索画面でのネイティブ広告、プレミアム機能の月額課金を準備中。現在日本、iOSのみで提供しているが、8月からAndroid版、海外対応を進める。詳細はこちら

ookami:「PLAYER!

スポーツエンタテインメント体験アプリ。スポーツの試合情報をリアルタイムに掲載。また観戦中の感想を投稿し、ほかのユーザーでコミュニケーションを取ることができる。試合の情報などはプッシュ通知を行うことで、試合の観戦を忘れるのを防ぐ。ビジネスモデルは広告に加えて、スポーツ動画の提供などを準備中。今後は観戦の熱量をアイコンで投稿できる「歓声エンジン」を導入する予定だ。詳細はこちら

クラスター:「cluster.

「引きこもりを加速する」を掲げるVRチャットサービス。数千人の同時接続が可能で、チケッティングサービスなども備える。VRデバイス(HTC Vive、Oculus Lift)だけではなく、PCでのアクセスも可能。また今後はスマートフォンでのアクセスも可能になる予定だ。5月31日に正式版をリリース。開発者の加藤直人氏は、同大大学院を中退後3年間“引きこもり”を体験していた。エイベックスなどと提携しており、今後はVR×ライブのイベントを展開していく予定だという。詳細はこちら

HoloEyes:「HoloEyes

CTスキャン、MRIの画像データ(匿名化)を元にVRデータを作成、VR、MRデバイスなどで操作して、さまざまな角度から閲覧したり、手術のミーティングなどに利用できる。すでにNTT東日本関東病院と東京都立墨東病院でも実証実験を実施している。年間50件まで100万円で提供中。データは症例の論文発表にも利用許諾している、今後はそのデータ閲覧サービスも準備しているという。
BIT:「INAIL

自動ネイルプリントサービス。通常ネイリストが手書きでネイルを行う場合、2時間、8000円程度のコストがかかるが、このスピードとコスト削減を実現する。操作はタッチパネル。デザインを選択すれば、1本15秒程度(ネイリストなら15分程度)で高精細なネイルを実施できる。ハードウェアは独自開発。爪の形状を認識し、インクジェットプリンタと同じ仕組みでプリントを行う。マネタイズはハードの初期導入、データの月額課金、インクカートリッジの販売。今後ハードウェアの小型化、低価格化を進める。今後は海外展開も視野に入れる。

ネイン:「APlay PULSE

スマートフォンに届く通知を、音声で聞くことができるBluetoothイヤフォン。音楽や通話で利用するだけでなく、メールや天気予報、Twitterの投稿までを音声で確認できる。またボタンを押しながら放すことで、音声での入力を実現する。あらかじめ利用したいアプリを選択すれば、あとはそのアプリの通知が音声プッシュされる。現在Kickstarterでクラウドファンディングを展開中。今後はデバイスの9軸センサーをもとにした、音声によるナビゲーションサービスも提供することを検討する。

Cansell:「Cansell

「キャンセル不可」で提供されている宿泊予約の権利を売買できるサービス。出品された予約は審査をを実施し、予約の実在確認、予約金額の正当性確認、名義変更可否の確認を行うことで安全性を高めている。2016年9月にベータ版をローンチ。ビジネスは売買成立時の手数料15%。今後は旅行に限らず、さまざまな領域でのキャンセル、途中解約などの領域に参入。「権利の二次流通」を実現するとしている。詳細はこちら

Matcher:「Matcher

採用手段としてのOB訪問のメリット最大化をうたう。自社の社員と、「○○についてやってみませんか」といったプラン、会う場所をサイト上に登録。あとは学生ユーザーからの問い合わせを待つだけ。サービス開始から15カ月、学生ユーザー数は1万人。2000社が登録。リクルートでは新卒30人の採用に寄与したという。今後は学生のデータを閲覧してスカウトを行う機能を提供。スカウト機能は現在40社のスタートアップが利用するという。

Scouty:「Scouty

競争の激しいエンジニア採用。その転職潜在層にアプローチするスカウトサービス。SNSやGithubをはじめとしたネット上のオープンデータを取得人工知能で予測退職度を判断し、公開メールアドレスを通じてスカウトを行う。スキルやキーワードをもとに、80万人の人材からオススメの10人をピックアップする。5月にオープンベータ版をローンチ。すでに複数のテック企業に導入実績がある。ビジネスは月額10万円と採用時に年収の10%を課金する。詳細はこちら

Residence:「one visa

企業が採用する外国人の在留資格の申請・管理サービス。外国人雇用企業は前年度比13%(年間2万社)、その雇用のためのビザ取得は平均18種類の書類、申請の待ち時間は約4時間、行政書士の代理申請で10万円と非常に高額。これを解決するのがone visa。社員のビザ取得に向けて、人事が社員を招待し、必要な情報を入力すれば、書類を自動作成する。また代理申請もサービス上から可能だ。6月5日よりオープン版を後悔。月額費用と都度課金でサービスを提供する。今後は世界のビザ取得の支援サービスも準備中だ。詳細はこちら

ディライテッド:「RECEPUTIONIST

iPadを活用した無人受付システム。受付にiPadを設置、あらかじめ発行しておいたコードを入力することで(事前登録していない場合は担当者を検索も可能)、担当者を呼び出し可能だ。呼び出しにはSlack等を利用するため、電話や特別なシステムを導入する必要はない。10人以下の利用は無料。それ以上は登録者数に応じて従量課金。今後は遅延等を伝えるメッセージ送信機能なども提供するほか、スケジューラー、労務管理システム、名刺管理ツール等との連携も進める。詳細はこちら

ハイパーエイト:「LION Project

「キャバクラ版Uber」をうたうサービス。暇な女性と飲みたい男性をマッチングするCtoCサービス。男性側が時間やエリア、人数を選択してリクエスト。10分以内に条件に合うメンバーが集まれば飲み会の開催となる。過去実績では、深夜2時以降を除きマッチング確度95%だという。料金は60分5000円、延長は30分2500円。女性は対面面接(合格率20%)、男性との相互評価を実施し、点数が一定値以下になると男女とも利用できない。飲み会の手数料25%でマネタイズする。