提出物管理のSubmittableが$5Mを調達、“機会のマーケットプレース”に将来性あり

次の記事

レンタルスペース手配代行のエイチが資金調達――リクルートとの共同ビジネス構想も

9000あまりの企業が提出物を管理するために利用しているSubmittableが、シリーズAで500万ドルを調達した。

モンタナ州ミズーラのSubmittableが創業されたのは2010年で、最初は文学誌が送られてくる原稿を管理するためのサービスだった。協同ファウンダーでCEOのMichael FitzGeraldは曰く、“最初は、これ以上貧しい顧客はいない、と思われる顧客が相手だった。詩の雑誌さ”。

その後同社は対象を広げ、いろんな企業がデジタルコンテンツを管理できるようにした。それらの提出物は、履歴書や各種申込書/申請書、コンテストの応募作品など、さまざまだ。顧客の中には、TEDxやThe New Yorker、それにスタンフォード大学などもいる。

次のステップは、FitzGeraldが“機会のマーケットプレース”と呼んでいるものを作ることだ。その今の形では、Submittableのアルゴリズムにより、ライターやビデオ作家などに、彼らの作品をどこに提出すべきかをリコメンデーションする。

“前からずっと思っている、うちの核となる信念は、作品を作る能力と、それをパブリッシュしたり宣伝したりする能力はまったく違うものだ、ということ。後者はもっぱら、むさ苦しい仕事だからね”、とFitzGeraldは語る。“Submittableの目標は、その仕事をライターにとって簡単にし、クリエイターが機会を見つけられるようにすることだ”。

これにより、新しい収益機会も生まれる。FitzGeraldによると、Submittableのビジネスモデルは提出物管理ソフトを企業に売ることが軸だが、企業が何かを募集するための広告とか、ライターのための特別バージョンなどが、副収入源になる。

シリーズAはTrue Venturesからだが、モンタナでの投資はこれが初めてだそうだ。田舎でやってるとビビる投資家もいる、とFitzGeraldも認めるが、でも今回の投資が“氷が溶け始めるきっかけ”になればいい、と期待している。彼によるともともと同社は、資金を調達する必要性はなかった。すでに黒字だし、社員は40名近くいる。

一方True VenturesのPuneet Agarwalは投資を発表するプレスリリースで、“Submittableは新種のマーケットプレースSaaSとして将来性が大きい。非常に多様な業種業界を対象にして、ユーザーと企業の両方が利益を得られる”、と言っている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))