Desktop
Box

Box、デスクトップ用アプリの Box Drive を公開

次の記事

【ビデオ】根っからのゲーマーたちはVRを本当はどう思っているのか?

Boxはパソコン上でファイル操作を便利にするツールを公開した。

Box DriveはWindowsおよびmacOSで動作するデスクトップアプリだ。ファイルの編集、検索、共有などをブラウザーを開くことなく実行できる。

これは「ファイナルフロンティア」だとCEOのAaron LevieがTechCrunchに話した。Box Driveを使えば「自分の全データに直接デスクトップから無限にアクセスできる」。

企業はこれを使うことでネットワークファイル共有が減り、ITコストの削減が期待できる、「多くの企業IT環境にとって非常に強力な提案だ」とLevieは言う。

アプリ自身は無料だが、General Electric、P&G、The Gapなどの大企業は追加機能の料金をBoxに支払う。既存の一般ユーザーはBox Driveの全機能を利用できる。

Levieは、デスクトップアプリによってクラウドのアクセスは容易になり「パソコン上にCドライブと同じようなドライブが追加されるので、ローカルファイルと同じ操作体験になる」と説明する。「これで、Boxはパソコンの中にシームレスに統合された」。

今月始め、BoxはAppleの新しいアプリ、Filesとの統合を発表した。BoxのドキュメントをiOS端末で利用する方法が増えることになる。

Boxの株価は今年に入って34%上がった。ウォール街がこの発表に注目しているのも良い知らせだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook