Growbotsは機械学習でセールスを助ける――急成長して250万ドルを調達

次の記事

Swiftの開発者が、わずか6ヶ月でTeslaを去る

Growbotsは機械学習を利用してリード情報を提供し企業のセールス部隊を助けるサービスだ。 このプロダクトはセールス・パーソンの作業を月に数日分節減できるという。今日(米国時間6/21)、GrwobotsはBuran VC、Lighter Capitalおよび何人かのエンジェル投資家から250万ドルの資金を 調達したことを発表した。これにより同社の資金調達総額は420万ドルとなった。

GrowbotsのCEO、共同ファウンダーのGreg Pietruszynskiはわれわれのインタビューに答えて「Growbotのサービスは企業のCRM〔顧客関係管理〕データを見て顧客情報を抽出し、セールス・ターゲットのリストを自動的に更新する。「GrowbotsのAIアルゴリズムはセールス・パーソン向けにカスタム連絡先リストを数分で作成する。また潜在顧客向けの各種キャンペーンを実施し、セールス・チームおよび個々のメンバーの活動を評価、管理する。セールス・メンバーはデータ処理作業をGrowbotsに任せて見込み顧客との対話に努力を集中できる」と述べた。

このサービスを提供するために同社では多数のソースから2億件に上る潜在顧客のデータを収集している。Growbotsの機械学習システムは毎日数百万のウェブサイトを巡回して企業や社員のデータを抽出する。Pietruszynskiによれば同社は見込み顧客のデータを購入することはしていないという。「われわれは情報源の選択にこの上なく注意を払っている。サードパーティーから既成の名簿を購入することはしていない。信頼性が低く、またデータが非常に古いからだ」と語った。

各社ごとに情報が整備された後もGrowbotsは引き続きアルゴリズムのアップデートを続ける。Growbotsを利用したセールス・キャンペーンの成果を分析し、そのデータをベースに次のキャンペーンを最適化する。Growbotsを1ヶ月利用すると、ポジティブな反応が平均40%増える。またCRMデータからキャンペーンの対象リストを作成するのに数日かかるのが普通だが、Growbotsを利用すればさらに質の高いリストを作るのにものの数分ですむという。

セールス・キャンペーンの自動化について、Growbotsはそれぞれの相手に合わせてカスタマイズしたセールスメールを自動的に作成するという(セールスパーソンはメールの文面を自分で作ることもできる)。Growbotsはセールスメールに対するフォローのメールも自動的に送信できるし、相手から反応があった場合、メッセージを出先に転送してくれる。

Growbotsは現在、前月比10%のペースで成長を続けている。Pietruszynskiによれば、プロダクトをリリースしてから16カ月で年間換算で400万ドルの売上を得たという。利用顧客は500社で大部分はアメリカ国内の企業だが、サービス自体は世界的に利用可能だという。現在の顧客にはBetterment、Relatable、Highfiveなどの企業が含まれる

Growbotsのオフィスはサンフランシスコとクリーブランドにあり、アメリカにおける社員は20人で、さらに26人の人員を募集中だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+