Facebook Messenger上で友だちとSpotifyのプレイリストが作れるように

次の記事

ウーバーティンよ泣かないで――Uberバッシングの原因を考える

今年に入ってから、Spotifyは友だちと楽曲がシェアできるFacebook Messenger用のボットを発表した。そして本日、同ボットに新たな機能が追加され、ユーザーはMessenger上で友だちと一緒にプレイリストを作れるようになった。しかも、グループ内の全員がSpotifyのアカウントを持っていなくてもこの機能は利用可能だ。

Group Playlists for Messengerというそのままの名前がついたこの機能には、既存のMessenger用のSpotifyアプリからアクセスできる。実際のFacebook Messengerのインターフェース上では、まずチャット画面を表示し、入力欄の左側にある青いプラスサインが書かれたボタンをタップする。するとMessengerアプリのリストが表示されるので、その中からSpotifyを選ぶ。

そこから、プレイリストの作成者(この人はSpotifyのアカウントを持っていないといけない)は、スクリーン下部にある”Create”ボタンを押して名前を付ければ、すぐにグループチャット内でプレイリストを共有できる。プレイストを共有すると表れるサムネイルには、プレイリストの名前と曲を追加するためのボタンが表示されるようになっている。

そして、この段階でグループチャットに参加している人であれば、誰でも好きな曲をプレイリストに追加することができるのだ。しかも、Spotifyによれば、プレイリストの作成者以外はSpotifyのアカウントを持っていなくてもこの機能を利用できるということだ。

しかし、非SpotifyユーザーはMessenger上でプレイリストの中身を見ることしかできず、実際に曲を聞くためにはSpotifyにサインアップして、アプリをダウンロードしなければならない。既にSpotifyのアカウントを持っているがFacebookとは接続していないという人は、MessengerのSpotifyアプリから両アカウントを紐付けられるようだ。

これまでにもSpotifyはデスクトップ版、iPhone版、iPad版、Android版の全てでコラボプレイリストをサポートしており、Spotifyからソーシャルサイトやさまざまなメッセージングアプリにプレイリストを直接共有できるようにもなっていた。

しかし、今回の機能追加により、ユーザーはMessenger上で直接プレイリストを作れるようになったのだ。

SpotifyはどのくらいのユーザーがMessengerアプリを使っているかについてはコメントを避けたが、同アプリを通じて「何百万曲」もの楽曲がこれまでに共有されていると語った。

なお、同様の機能が他のチャットプラットフォームでも公開されるのかについては、今のところわかっていない。

原文へ

(翻訳:Atsushi Yukutake/ Twitter