クラウド型マニュアル作成「Teachme Biz」運営がリクルートなどから総額1.2億円を資金調達

次の記事

匂いVRデバイスのVAQSO、受託制作サービス開始――“女の子の匂いがするVR”も好評

クラウド型マニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」を提供するスタディストは6月26日、リクルートホールディングス日本ベンチャーキャピタル三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。調達額は1.2億円。スタディストでは、5月にもセールスフォースからの資金調達を発表している。また、日本ベンチャーキャピタルと三菱UFJキャピタルからの資金調達は、2015年12月に行われた総額1.5億円の調達に続くものとなる。

Teachme Bizは、写真・動画を選んで説明文を追加するだけで、業務マニュアルを作成し、共有できるサービスだ。PCはもちろん、スマホだけでもマニュアル作成ができる。2013年9月のサービス本格展開から約3年9カ月で、有償利用社数を1500社に広げており、そのうち、飲食、宿泊、小売などのサービス業での導入は約350社、2年で6倍に拡大したという。

スタディストでは、今回の出資を通じたリクルートとの業務提携により、サービス業でのTeachme Bizの導入拡大を図る。特に飲食や宿泊業界を中心としたサービス業に強いリクルートとの提携で、同業界で新規100社への導入を目指す。調達資金は主にサービス業界に特化した新機能開発や、販売体制の増強にあてるとしている。