terrorism

Facebook、Microsoft、YouTube、Twitterの4社、テロ撲滅のために世界インターネットフォーラムを結成

次の記事

BASEの決済サービスがリアルに進出、「PAY ID」アプリで店舗や個人間の支払いが可能に

本日(米国時間6/26)、Facebook、Microsoft、YouTube、Twitterの4社は
テロリストがインターネットサービスを使う機会を減らすことを目的とする新たな協力関係を結ぶことを共同発表した。Global Internet Forum to Counter Terrorism[テロリズムに反対する全世界インターネットフォーラム]は、各企業が既に行っている取り組みを組織化することで、主要ウェブプラットフォームがテロリストグループの募集手段として使われることを防ぐ。

テクノロジーのリーダー4社が協力して技術的解決策を共同研究し、コンテンツの識別技術やユーザーへの効果的な告知方法を共有していく。また各社は、技術的および政策的な研究を支援し、カウンタースピーチ戦略のためのベストプラクティスを共有する。

去る2016年12月、同じ4社が産業用共有ハッシュデータベースを作成することを発表した。ハッシュデータを共有することによって、各社が協力してテロリストのアカウントを識別することが可能になり、個々の会社が費用と時間をかけて面倒な作業を行う必要がなくなる。今回結成された新しい組織では、正式な管理機構を作ることでこのデータベースを改善する。

同様に、Facebook、Microsoft、YouTube、およびTwitterは、小規模な企業や組織に対して、テロと戦うために独自の事前計画をたてるよう自分たちのやり方を伝える。この運動の中には、YouTubeのCreators for ChangeやFacebookのP2PおよびOCCIといった既存のカウンタースピーチ・プログラムの核をなす戦略が含まれている。

いずれに行動も、公共機関の活動と歩調を合わせて実施される。G7は、過激思想に対して多方面から戦うことの重要性を強く訴えてきた。今日のパートナーシップは多国籍IT企業4社の間の関係を強化することで、それぞれのプラットフォームでテロを排除すべく戦うことを目的としている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook