ユーザーローカルが「VALU」のユーザーランキング公開――イケハヤ、堀江氏などがランクイン

次の記事

日本版SNES Classicは見た目もゲームセレクションもちょっと違う

これまでに、FacebookページInstagramの人気ユーザーランキングなどを公開してきたデータ解析企業のユーザーローカル。最近では、4月にマストドンのランキングを公開したことでも話題になった。

そんなユーザーローカルが6月27日、いま話題沸騰中のサービスを対象にしたランキングを公開した。今回のランキングは、自分の価値を「模擬株式」として発行し、ビットコインで取引できるサービス「VALU」のユーザーランキングだ。

VALUは5月31日よりβ版を公開している。VALUでは以前、サイト内にランキングを設けていたが、現在は廃止されているようだ。

VALUで売買される模擬株式の時価総額ランキングTOP5は以下の通りだ(2017年6月27日19:00現在):

  1. イケダハヤト氏:18億9958万円(ホルダー数158人)
  2. 堀江貴文氏:11億1740万円(同208人)
  3. 太田雄貴氏:3億7712万円(同15人)
  4. 古川健介氏:2億9331万円(同71人)
  5. 本間善實氏:2億7935万円(同6人)

価格順、ホルダー順などその他のランキングはこちらから見ることができる。

VALUは特にネットユーザーの間で人気のサービスである一方、国会の質疑に登場するなど物議をかもしている。