Amazonの大セール、Prime Dayは7/10 18:00から

次の記事

Google、VR広告プロジェクトのAdvrを発表――社内インキュベーターArea 120から誕生

Amazonが3回目となるPrime Dayの内容の発表した。Prime DayはAmazon版のブラックフライデーセールで、そもそもは同社の創立20周年を記念して始められたものだった。Amazonは今年もPirme Dayを実施するとしていたが、日時や内容が発表されたのはこれが最初だ。

AmazonはPrime会員に向けて「セールでは何十万種類もの商品を用意しています」と呼びかけている。Prime会員は5分に1人の割合で増えているのだそうだ。このセールに参加するにはPrime会員でなければならないが、もちろん無料トライアルに参加することができる。

今年のセール期間は30時間で、太平洋時間では7月10日午後6時からスタートし、翌日まで続く〔日本では7/10(月) 18:00から7/11(火) 23:59まで〕。Prime Dayセールは中国、インド、日本、メキシコ始め13カ国で行われる。

昨年のPrime Dayはピーク時間帯にサイトが問題が発生したにもかかわらずAmazon史上、最大の売上を記録した

今年Amazonはカテゴリー別にセールを行う。ペット用品、テクノロジー用品、園芸用品などだ。これは過去のPrime Dayで消費者から「実際に購入して有利になる製品を見つけるのが難しい」という不満の声が上がったからだ。たとえ10万種類のセールが行われていても自分が望む品を見つけることができなければ無意味となる。

昨年の消費者の不満は、セールに出された商品に「品質が劣っているものがあった」、「誰も欲しがらないようなものがあった」などだ。これは大部分人力のキュレーションの問題というよりアルゴリズムが不適切だったためのようだが、消費者にとって不愉快な結果をもたらしたという点では同じことだ。

何十万というセールの中にはそうしたシステム上の問題が若干残っているかもしれないが、 Amazonでは「今年の目玉はテレビセットだ」としている。テレビやビデオを見るのは誰でも好きだし、これまでのブラックフライデーのセールでも中心的存在だった。まだ詳細は明らかににされていないが、4K、Ultra HD、 スマートTV、Amazon Fire TVなど「過去最大のテレビ・セール」になるという。

Amazonでは「記録的な在庫を確保している」としているが、ディスカウントのテレビ(その他のエレクトロニクス機器)は早々に売り切れるとなる可能性が高い。なるべくたびたびサイトをチェックして欲しいものを早めに探し出しておくことが賢明だ。

Amazonはまだ自社製品についてのセール情報を公開していないが、Kindle、Fireタブレット、Fireテレビ、Echoスピーカーなどもディスカウントされるのは確実だろう。昨年Amazonは「何十万台ものKindle」が売れたと発表している。またPrime Dayには普段の2.5倍のFire TVが売れたという。

〔日本版〕以下アメリカでのセール情報は省略。日本でのPrime Dayのページはこちら

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+