Einrideが自動運転EVトラックを開発――スウェーデンからT-Podのプロトタイプ登場

次の記事

Tesla、Q2の出荷台数は2万2000台、2017年前半では4万7000台

スウェーデンのテクノロジー・スタートアップ、EinrideはT-Podのフルスケールのプロトタイプを発表した。これは自動運転の電気自動車で、Einrideでは小型のパレットを運送するトラックの役割を果たすことを狙っている。エネルギー容量は200kWhで航続距離は200km、遠隔操作で積荷の処理が可能だ。

T-Podは写真でわかるとおりたいへんユニークなデザインだ。Einrideでは自動運転と積荷の遠隔操作のためにゼロからデザインしたという。つまり荷物を取扱うためのクルーが乗車する必要はない。この車両は積荷を無人で効率的に運送するために最適化されている。T-Podは2020年までにスウェーデンの2都市、イエテボリ〔ヨーテボリ〕とヘルシンボリを結ぶルートに200台のT-Podを投入する考えだ。同時に充電ステーションも建設される。

  1. tpod_material10.jpg

  2. tpod_material9.jpg

  3. tpod_material6.jpg

  4. tpod_material5.jpg

  5. tpod_material4.jpg

  6. tpod_material3.jpg

  7. tpod_material1.jpg

  8. tpod_material2.jpg

T-Podのネットワークは年間で200万個の荷物パレットを運送することを目指している。Einrideによれば、これはCO2の排出に換算して40万台の自家用車が同じ距離を走った場合に相当するという。Einrideでは需要さえあればネットワークを予定より早く拡大することは可能だとしている。

現在、トラックに関しては既存のセミトレーラーに自動運転機能を後付する方法が主流だが、T-Podのように自動運転電気トラックをゼロから開発するというのは興味ある方向だ。積荷のリモコン処理について、Einrideでは「人間の柔軟な判断力が自動運転を補う」としている。一人のオペレーターが複数のT-Podを同時にコントロールできるという。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+