カナダ
DeepMind

機械学習のDeepMind、国際展開を開始――最初の海外オフィスはカナダのアルバータ州エドモントンに

次の記事

Rokokoから低価格モーションキャプチャースーツ――バレリーナがTCスタジオでデモ

Alphabetの人工知能企業、DeepMindは本拠であるイギリスから海外への展開を開始した。最初の海外オフィスはカナダのアルバータ州エドモントンに置かれる。アルバータ支社はアルバータ大学と緊密に連携して調査・研究に当たる。

リーダーはアルバータ大の研究者、Rich Sutton、Michael Bowling、Patrick Pilarskiらとなる。最近、カナダでは人工知能開発に力を入れており、大学人が教育、研究を続けながら民間企業のプロジェクトにも貢献できる道が開かれつつある。これはその一例といえるだろう。

Sutton、Bowling、Pilarskiに加えてAdam Whiteも非常勤教授としてアルバータに戻りチームに参加する。またノーリミットのテキサス・ホールデムで人間のプロ・ポーカー・プレイヤーを破ったことで話題になったAIシステム、DeepStackの共同研究者6人もメンバーとなるという。

アルバータ大学との取り決めにはDeepMindが研究資金の提供を続けることが含まれる。Googleカナダのコミュニケーション担当ディレクターAaron Brindleは「この提携の目的は世界的にトップレベルの研究者をもっと大勢アルバータに引きつけることにある。これによって〔アルバータ大学の所在する〕エドモントンをテクノロジーのハブにしたい」と述べた。

DeepMindのアルバータ・チームのリーダー3人はいずれも「成功した方法を繰り返し、失敗した方法を避ける」という人間の学習方式をコンピューターにシミュレーションさせる方法を研究している。Sutton教授はまたDeepMindが2014年にGoogleに買収される前にの会社の最初のアドバイザーとなっている。アルバータ大学のメンバーは世界チャンピオンを破ったAI碁のAlphaGoやAtariのゲームを学んでプレイするAIシステムの開発にも参加していた。

画像: DeepMind

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+