customs
vip
airport
solve

空港におけるVIP風コンシェルジュサービスを適価で提供するSolve

次の記事

ロボットの皮膚に触覚能力があり柔らかいフルーツでもつぶさない…CMUのFingervisionシステム

空港というのはなかなか面倒な場所だ。せっかく目的地に到着しても、通関手続きなどにいったいどのくらいの手間がかかるのかわからない。場合によっては数時間も待たされたりすることがある。

こうした不満に、簡単な解決策を提供しようとするのがSolveだ。空港の到着ゲートで待機するコンシェルジュサービスを提供しようとするスタートアップだ。通関手続きや、タクシーの搭乗などをサポートしてくれるのだ。

このスタートアップはY Combinatorの2017年夏クラスのひとつだ。空港の到着から、次なる目的地への移動をサポートすることを目的としている。

さきに「簡単な」解決策を提供しようとしていると記した。すなわち、類似のコンシェルジュサービスは、VIP向けのサービスとしてすでに存在している。Solveは、そうした既存サービスを、一般の人向けにも提供しようとする狙いをもっているのだ。空港の側も、こうしたエスコートサービスを容認しているところが多い(世界で500以上の空港が認めている)。しかし小規模のサービス会社が乱立して利用者にとってわかりにくいものとなっているし、またIT活用の面では大いに遅れた状況にある。予約窓口もわかりにくければ、また料金体系もよくわからない。未だに予約するのにファックスを使う会社すらあるほどだ。

Solveはこの業界に参入し、価格の透明性、利用の容易さを提供しようとしているわけだ。

もちろん、世界各地で利用するサービスであれば、場所による価格の違いはある。車からゲートまでのVIPサービスを利用する場合、南アフリカのケープタウンでは140ドルほどの費用となる。しかしモスクワで同様のサービスを受けようとすると、740ドルもの費用がかかるのだ。もちろん国による相場のようなものはあり、アメリカ国内においては、2人でエスコートしてもらう場合には300ドル程度が一般的であるようだ。サンフランシスコ国際空港やジョン・F・ケネディ国際空港などでも、その程度の価格となっている。それぞれの空港での費用についてはこちらからチェックすることができるようになっている。

なお、場所が異なれば受けられるサービスも異なるのが一般的だ。空港によってはエスコートサービスを受けるVIP向けに特別の通路(fast track)を用意している場合もあるし、そのようなものを用意していない空港もある。対象となる500以上の地域でさまざまな提供会社がサービスを提供しているので、サービスレベルにもばらつきがある。サービス提供会社と空港との力関係によって異なる部分もあるだろう。いずれにせよ、Solveは利用者を到着ゲートないしすぐ近くで待ち受け、そして手荷物検査、出入国管理や入管手続きを迅速に行うサポートをしてくれる。

サービスを構築する段階では、社員を各空港に配置して、自前のサービスを提供することを考えていたのだそうだ。しかし既存のサービス会社を通じて、より効率的なサービス提供を実現する方向に転換したわけだ。将来的には、Uberのようにコンシェルジュの写真やプロフィールをリアルタイムに提供することも考えているのだそうだ。もちろん、サービス利用者の情報を提供して、「馴染み」のコンシェルジュのサービスを受けることができるようにするというアイデアも温めているところだそうだ。

Solveを利用すれば、適切な金額(少なくともたいていの人が考えるよりも安い値段で)で大幅な時間短縮の恩恵に浴することができることになるかもしれないわけだ。もし、思ったほどのメリットがなかったとしても、衆目の集まる場所でVIP扱いを堪能することができる。それはそれで悪くないものかもしれない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H