任天堂Switchオンラインにモバイルアプリ登場――公開は7/21、スプラトゥーン2も

次の記事

Googleから3Dモデリングツール、Blocks――Vive版とRift版あり

任天堂Switchのオンラインアプリが7月21日にリリースされることがとうとう発表された。アプリはSwitchオンライン・サービスの拡張(つまりSwitchが必要)だが、iOS/Androidアプリには同時に公開されるゲーム特有の機能も追加されている。

Splatoon 2の場合、Switchオンラインでは友達のプレイヤーとボイスチャットができる。 ランキングを競ったり戦績を記録したりできるし、もちろんオンラインでグループを作り、仲間同士でプライベート・マッチを実行することも可能だ。任天堂ではこうしたゲームをSplatNet 2と呼んでいる。

オンラインでゲームを楽しむためにSwitchのオーナーは年額19.99ドル、3ヶ月7.99、月額なら3.99ドルの会費を支払う必要がある〔日本の場合、2018年の正式サービス開始まで無料〕。

任天堂はオンライン・プレイに関してこの数ヶ月でさらに詳しい発表を行う予定。

〔日本版〕日本におけるSwitchオンラインサービスに関してこちら。記事内にも注記したように2018年の正式サービス開始まで無料。日本版ではオンライン機能は「おさそいボイスチャット」や、スプラトゥーン2の場合「イカリング2」などと命名されている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+