「ドローン」や「宇宙開発」などテーマ別に投資できる資産運用サービスFOLIOがベータローンチ

次の記事

次のiPhoneの顔認識機能はAppleのこのパテントに書かれているかもしれない

株式投資を始めたいと思っても、数ある銘柄からどれを選んだら良いか分からないという人も多いかもしれない。FOLIOでは、例えば「宇宙開発」や「VR」「eSports」「京都」と行ったテーマを用意していて、ユーザーは好きなテーマを選んで投資ができるサービスだ。FOLIOは本日ベータ版をローンチし、ベータ版登録を行なったユーザーから順次サービスに招待していく。

FOLIOではテーマごとに、テーマに関連する約10社の銘柄を揃えている。ユーザーはテーマを選ぶとテーマ内の企業に分散投資ができる仕組みだ。各テーマは10万円程度から購入できる。

テーマを購入した後は、ユーザー自身がリバランスや株式の売却といった運用をする必要がある。ただ投資未経験者でも気軽に投資を始められるよう、FOLIOではリバランスや売却するタイミングを通知する運用サポート機能も提供している。FOLIOでかかる費用は0.5%の取引手数料のみとなっている(1株あたりの最低売買手数料は50円)。

FOLIOのテーマ投資という特徴について、代表取締役CEOを務める甲斐真一郎氏「金融の世界にわくわく感を取り入れたい」と話す。例えば、トレンドに敏感な女子高生の間で流行っている物やサービスがテーマの「ガールズトレンド」や「第4次アニメブーム」といったユーザーが身近に感じるテーマを用意することで、投資未経験者でも投資に興味を持ち、資産運用を始めるきっかけを提供したいと考えている。

ベータ版では40〜50種類のテーマを用意しているそうだ。今後、一般公開に向けユーザーのフィードバックから機能をブラッシュアップし、世の中に流れに乗ったテーマなどを拡充していく予定と甲斐氏は言う。

FOLIOは2015年12月に設立し、2016年3月に3億円を調達した。FOLIOは2016年12月に開催したTechCrunch Tokyo 2016 スタートアップバトルのファイナリストに選ばれている。2017年2月には18億円の資金調達を実施している。