Google、ポップアンダー、ポップオーバー広告を禁止

次の記事

膨大な量の所蔵品(展示不可能)を抱える美術館がスマホアプリですべてを見せる

今日(米国時間7/11)、Googleは広告ポリシーの変更について解説を加えた。いかなるサイトに対してであれGoogle広告をポップアンダー広告として用いることは禁止だという。

閲覧中のウィンドウに隠れてそれと気づかれないよう広告ウィンドウが自動的に立ち上がるポップアンダー広告は無礼かつ不快であるだけでなく、内容も往々にしてスパム的だ。ユーザーが閲覧中のウィンドウを最小化するまでポップアンダーが表示されていることに気づかないことも多い。

またGoogle広告をポップオーバーに用いることも禁止された。新しい広告ポリシーについてGoogleは 「〔ポップオーバー、ポップアンダーのような〕広告は良いユーザー体験を与えるものではなく、これらにGoogle広告を用いることは適切でないと結論した」と述べている

Googleの発表によれば、Google広告をいかなるポップアンダーにも用いることができないだけでなく、ポップアンダー方式で広告を表示するサイトはGoogle広告そのものを利用することができない。

Googleはポップアップ広告に関して、サイトのナビゲーションに干渉するもの、ユーザー設定を勝手に書き換えるもの、ダウンロードを始めるもの、ウィルスを拡散するもの(これは当然!)など不適切な手法をすでに禁止していた。

この変更でウェブサイト運営者はユーザーフレンドリーでない広告を掲出することがいっそう困難になる。 Googleは「広告主にとってもサイト閲覧者にとっても利益となるようなエコシステムを維持する」ため広告におけるトレンドを分析しているという。

Googleが不適切な広告を締め出すためポリシーを変更するのはこれが初めてではない。この変更は往々にして大量のサイトが検索ランキングを下げられるという結果をもたらしてきた。AdSense広告を利用していないサイトにもこの変更は影響することがある。

たとえば、昨年、Googleはモバイルでポップアップ広告、インタースティシャル(ページ間)広告を表示するモバイルサイトのランクを下げると発表した。これは今年の1月から実施されている。今日の発表は広告ポリシーの変更にとどまったが、Googleはサイト運営者の悪事を正すためにこうしたさらに強力な手段を用いることがある。

〔日本版〕記事トップの画像はポップアンダーの説明。Googleは記事中のAdSensブログで「新ポリシーを簡単に要約すれば、ポップオーバーないしポップアンダーとしてロードされるページにGoogle広告を用いることは今後許されない。(To simplify our policies, we are no longer permitting the placement of Google ads on pages that are loaded as a pop-up or pop-under.)」と述べている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+