Tesla Model 3は、プロトタイプと生産モデルでこう変わった

次の記事

マイクロソフト、テレビの未使用チャンネルを地域ブロードバンドに活用へ

ついに登場したTesla Model 3の生産モデルは、プロトタイプと比べてどこが変わったか気になるだろうか?初期プロトタイプが披露されたのは2016年5月。Teslaのホーソーン・デザインスタジオで公開されて以来、あのプレアルファ・デザインが少々変わった。

PartCatalog.comのデザインチームが、両社の違いをビジュアル化した動画をつくったので、この一年でModel 3のデザインがどう変わったかをご覧あれ。上に貼ったGIF動画で、明るい色のModel 3がブレ・アルファ・プロトタイプで、黒い車がElon Musk所有のModel 3生産モデル第1号だ。

最終デザインがプロトタイプと非常に近いことは間違いないが、ライトの外観には違いが見られる。またPartCatalogの人たちによると、車体が少し長くなったか、あるいは後部ドアが以前よりわずかに大きくなっている。

形状デザインのわずかな変更は、この種の車の開発サイクルではよくあることで、生産に向けた最終年であっても珍しくない。ともあれ、この一年でデザインがどう進化したかは興味深い。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook