GoogleがPhotosとDriveのデスクトップアプリケーションを一本化してBackup and Syncをローンチ

次の記事

「信頼性、評価された」 実名制グルメサイトのRettyが月間ユーザー3000万人に

Googleが先月予告していた“Backup and Sync”ツールが、今日(米国時間7/12)ローンチされた。その名のとおりユーザーのコンピューター上のファイルをバックアップしシンクするツールで、これによりMacやPC上ではGoogle PhotosのデスクトップアプリケーションやGoogle Driveのクライアントアプリケーションが要らなくなる。

要するにこれまで二つあったアプリケーションが一本化されるだけであり、コンピューター上のファイルをGoogleのクラウドへアップロードするのに、写真はコレ、そのほかのファイルはアレ、というアプリケーションの使い分けが不要になる。

新しいツールはインタフェイスもシンプルで、Googleのアカウントにサインインして、今後Google Driveに継続的にバックアップしてもらいたいフォルダを指定するだけだ。その際、Google Driveに対するこれまでの設定はそのまま生きる。そのことは、先月も説明された

デスクトップコンピューターからファイルをバックアップできるだけでなく、カメラなどのUSBデバイスやSDカードから写真のバックアップもできる。バックアップしたファイルは、コンピューター、スマホ、タブレットなどどんなデバイスからでも、Google Driveにアクセスすれば見たりダウンロードしたりできる。ファイルが写真やビデオなら、Google Photosでアクセスできる。

PhotosDriveも今ではアップデートされたソフトウェアに対応しており、一般消費者はそれをどちらからでも無料でダウンロードできる。

Googleによると、G Suiteを使っている企業ユーザーは、現時点ではこの新しいソフトウェアユーティリティをダウンロードすべきではない。

同社の計画では、企業向けにはG Suite内のツールとしてDrive File Streamというものが、ビジネス、エンタープライズ、教育、非営利のどのドメインでも今年後半に展開される。その前にこのツールを試したい人は、ここに申し込むとよい。

Backup and Syncのソフトウェアでは、いろいろな設定ができる。たとえばGoogleのクラウドにアップロードされる写真やビデオは、元のクォリティーを保持するか、それとも単なる高品質を選ぶか、など。プロの写真家などは、オリジナル・クォリティーを選ぶだろう。

そのほか、ファイルの削除を指定した場合のオプションや、ダウンロードやアップロードの速度なども指定できる。

さらに、このアプリケーションからGoogle Driveの会員契約のアップグレードができる。これを機会に自分のデスクトップをまるごとクラウドに保存したい、なんて人は、より大きな容量へ契約を更新したくなるだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))