センサー
3d sensing

Vayyarが車内状況をモニターする3Dセンサーをローンチ、自動運転車両でも活躍が期待される

次の記事

ニューヨーク大学が都市を俯瞰した世界で最高密度LiDARデータセットを一般公開、都市計画図面が3Dになる?

自動運転産業の部品サプライヤーたちによって開発されている多くのセンサーは、車両の外で何が起きているかに関する明瞭な画像を得ることに注力している。しかしVayyarの新しい3Dセンサーは、乗客に関する情報などを含む、車内の詳細な情報を提供する。この3Dセンサー技術はまた、光学画像キャプチャを使用しないため、カメラに比べてプライバシーの観点からも優れており、また結果的にどのような照明条件下でも動作することができる。

これらのエンベデッドセンサーは、他のセンシングソリューションに比べて小型で低コストであり、乗客のバイタルサインや、運転手がハンドルの前で居眠りしかけていないかなどの車内の様子を、リアルタイムにモニターすることができる。これはレベル2またはレベル3の自動運転の実現のために利用される可能性はとても大きい、なぜならこれらのセンサーは運転手の注意力をモニターし、車と路上を積極的に人間が見なければならない場合に、しっかりと通知が行われるように、補助をおこなうことができるからだ。

自動運転車はまた、この技術を、実際に車両に乗っている乗客とその位置に合わせて、適切にエアバッグを開くといった形で、安全性の最適化向上のために利用することもできる。未来の自動運転車における車内サービスも、こうした技術を利用することができる。たとえば車内ディスプレイ上に表示される情報内容を調整し、車内環境を調整するといったことだ。

Vayyarはまた、事故の際に、車内の生存者に関する情報の収集と送信も可能だということを指摘している。これによって救急隊に早期の情報を与えることができる。

車内状況のモニタリング以外にも、Vayyar社によって作られた3Dセンサーは、車両の直ぐ近くを監視し(同社によれば)「すべての死角を取り除く」アプリケーションを提供している。光の量に関わりなく、また霧や炎天下といった障害に関係なく動作する特性は、既に指摘したように、光学的センシングハードウェアよりも有利な点を持っている。

Vayyarのプロダクトを支える強力な専門的後ろ盾としては、元Intelのアーキテクチャグループの副社長でありWorldwide Mobile Wireless GroupのGMだった、CEO兼共同創業者のRaviv Melamedも控えている。

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)