Google Analyticsに音声(+自然言語)で質問できるようになる…まず英語から

次の記事

G Suiteのユーザーが未承認デベロッパーのアプリケーションを使おうとしたら警告画面が出る

自分のWebサイトやアプリの利用状況を知りたくなったら、これからはGoogle Analyticsに直接尋ねることができる。

“先週はモバイルとデスクトップでどれだけトラフィックが違ったかな?”とか、“昨日の新規ユーザーは何名だっただろう?”、“先週はどこの国の人がいちばん多かったか?”、などなどを知りたくなったら、これまでのようにAnalyticsのダッシュボードを開いてチャートを操作しなくてもよい。

単純に、クェリをタイプしたり、大きな声で言うだけでよいのだ。プロダクトマネージャーのAnnissa Alusiが見せてくれたデモによると、まさしく、上の三つの質問*を言うと、それぞれ数秒後に答えのデータを見せてくれる。〔*: 質問…英語である… (1)“What’s the trend of mobile versus desktop traffic last week?”, (2)“How many new users did we have yesterday?”, (3)“What were our top countries last month?”〕

測定分析部門のシニアディレクターBabak Pahlavanによると、音声と自然言語による操作は、そう簡単に実装できるものではなかった。完成まで三年(三か月ではない!)を要し、GoogleがAndroidや検索ですでに使っている自然言語処理技術がなかったなら、もっともっと長くかかっていたであろう、と。

でもなんで、そんなに長期間かけて、こんな一見簡単なユーザーインタフェイスを実装しなければならなかったのか? ダッシュボードで十分じゃん。Googleの高邁な理念によると、ビジター数を知りたいなどの単純なデータニーズは顧客企業の各現場の一般社員が自分自身で簡単に満たせるようにして、データサイエンスの専門技術者を煩わせないようにしたい。彼らには、もっと高度なデータタスクを担当してもらいたい。 Pahlavanの説明によると、音声操作はデスクトップとモバイルの両方で使えるから、一般社員ユーザーは、会議が始まる前とか、これから顧客に会う前とかに簡単に、必要なデータを知ることができる。

Google Analytics voice

Alusiは曰く、“Analyticsのインタフェイスが良くなって、これまでよりもっと多くの人たちが利用できるようになる、という見方もできるわね”。

音声といっても、今のところ英語のみだが、この機能は明日から数週間かけて一般ユーザー向けに展開される。Googleの社内にはAnalytics Intelligenceと呼ばれるより総合的な企画があって、それによってGoogle Analyticsのデータをもっと分かりやすいものにしようとしている。音声と自然言語の導入はその一環だが、ほかにも、重要なインサイトやトレンドを自動的に高輝度表示にする計画などがある。

音声操作は今後、ユーザーフィードバックなどに鍛えられてますますお利口になっていくと思われるが、Alusiのプロマネ的視点によると、今は“何”(例: 何かの数値)を問う質問にうまく答えられるが、今後は“なぜ”に対しても答えていきたい、という。たしかに、“先月のインドからのトラフィックは前月比でどれだけ伸びたか?”、という質問だけでなく、“なぜそんなに伸びたのか?”という質問にも答えてほしいよね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))