russian

Microsoftがロシアのハッカー集団Fancy Bearとの静かなるサイバーウォーに勝利

次の記事

Google Mapsのストリートビューで国際宇宙ステーションの中を探検散策できる

ホワイトハウスはサイバーセキュリティでロシアと協力し合おうなんて言ってるが、それはロシアよりもさらにありえない相棒に任せた方がよいだろう。Daily Beastの記事によると、Microsoftはこれまで、Fancy Bearという名前で知られるハッカー集団と静かな戦いを繰り広げてきた。このグループは、ロシア軍部の秘密諜報機関GRUと関係がある、と信じられている。

その記事はなかなか詳しくて、Microsoftの法務の連中が2016年にどうやってFancy Bearを訴訟し、彼らがMicrosoftの商標を侵して使っていたドメイン名を救ったかを描写している。実際には、敵はFancy Bear以外のいろんな名前を使っていたらしい。Microsoftの製品名を詐称するようなドメインを使っていても、やつらはジェネリックなドメインだと主張した。そして、そんなずさんさが、訴訟を招いてしまった。

明確な組織もない、責任者もいない、掴みどころのないハッカー集団を法廷に引っ張りだすのはほぼ不可能だが、訴訟は、MicrosoftがFancy Bearのサーバーの一部をハイジャックするという結果を生んだ。昨年MicrosoftはFancy Bearのさまざまなドメインを着ているサーバー70台以上を乗っ取り、その多くが指揮とコントロールの役だったので、それによりハッカーたちが、彼らがターゲット上にインストールしたマルウェアとコミュニケーションしていることがわかった。

Microsoftは自分の手中に入ったドメインを使ってFancy Bearのサーバーネットワークの全貌をつかみ、それらのサーバーがMicrosoftのドメインと通信できることを見つけた。結果的に同社は、疑わしい外国の諜報機関の一部を、間接的に妨害、そして観察できたことになる。それは、テクノロジー企業が余暇時間にやった仕事にしては、かなり巧妙な戦術だった。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))