Daimler
Bosch

ダイムラーとボッシュ、駐車場のドライバーレス化を企図

次の記事

新しいAppleの広告は、The RockとSiriの掛け合いでボイスファーストインターフェイスの有用性を伝える

ダイムラーとボッシュ(Bosch)が共同で、自動車運転に伴うもっとも面倒なことを改善するためのテクノロジーを実現しようとしている。「面倒なこと」とは、駐車スペース探しおよび駐車作業のことだ。ドイツのシュトゥットガルトにあるメルセデス・ベンツミュージアムにて、自動駐車システムの試験運用を開始したのだ。入り口で自動車を降りれば、自動で利用可能な駐車スペースを選択して駐車してくれる。

ミュージアムにおけるシステムの本格稼働は2018年を予定している。スマートフォンを通じて、ミュージアムから車をレンタルすることができるようになる。レンタル予約した車は自動的にピックアップエリアにやってくる。予約に用いたのと同じアプリケーションを利用して、開始手続きをすればただちに車を利用することができるのだ。そして車を利用し終われば、ミュージアム内に備えられたシステムとオンボードセンサーが連携して、適切な駐車スポットに自動的に駐車して利用完了となる。

システムを提供するのはボッシュで、メルセデス・ベンツ製の車載システムと連携して動作することとなる。ミュージアムおよび車載のセンサーが連携して障害物や歩行者を検知する機能も備えている。

システムのテスト運用が本日始まったわけだが、テストを通じて安全協会(safety agencies)や地方行政府からの運用許可を得ていく予定にしている。来年の早い段階で正式運用に移れる予定だとのこと。

テスト期間を通じて、利用者に受け入れられるのか、また実際の運用の様子をモニターしていくことになる。ボッシュとダイムラーは、この仕組みを広く提供することで、駐車場運用を大幅に効率化することができるとしている。スペース的にみても20%の効率化が望めるのだとのこと。膨大な投資や既存設備の大幅変更を行わずに、社会を効率化できるのだそうだ。一般道での自動運転の普及にはもう少し時間がかかりそうだが、用途を限定することで自動運転の実用化をしようとする意図もあるわけだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H