Skyland Venturesのインキュベーション・プログラム「WAVE」、第2期参加の3社を発表

次の記事

Netflix、Q2のモバイル・アプリ売上で1位、233%の成長――Tinder、Lineが続く

25歳以下の起業家への投資をメインに行うSkyland Ventures。7月25日、同社が運営するインキュベーションプログラム「WAVE by Skyland Ventures(以下、WAVE)」の参加企業が発表された。今回が第2期目のプログラムとなる。

写真右が代表パートナーの木下慶彦氏

プログラムに採択された合計3社の概要は以下の通り:

Glit

Caratが提供するGlitは、スマートフォン向けの転職サポートアプリ。同アプリでは、ユーザーのプロフィールや経歴などをもとに1日10件の求人をリコメンドする。GlitのUIはデーティングアプリのTinderに似ている。リコメンドされた画面を左右にスワイプしていくことで興味のアリ/ナシを分けていく仕組みだ。

ジコナラ

ST Bookingが提供するジコナラは、トラブルにあったときに参照する総合情報ポータルサイト。ただ、現状はトラブルにまつわる記事を掲載するメディアに近い。今後、同社はトラブルの種類ごとにユーザーと弁護士をマッチングするプラットフォームとして事業展開していく予定だという。

Aidemy

アイデミーが提供するAidemyは人工知能の領域に特化したオンライン学習サービス。日本のプログラミング学習サービスにはprogateCODEPREPなどがあるが、Aidemyは人工知能に関する知識・技能だけを効率的に習得できるサービスを目指すという。教材教材で使用する言語はPython3とMySQLで、ライブラリはおもにscikit-learnを利用する。サービスの利用料金はまだ検討中だという。

3ヶ月でリリースとファイナンスのアウトライン構築目指す

Skyland Venturesは2012年8月設立。総額14億円を運用する同ファンドは現在、日本国内を中心に約40社に投資を行っている。同ファンドの投資理念や手法はこちらの記事を参考にしてほしい

彼らが運営するWAVEは、年2回実施する3ヶ月のインキュベーションプログラムと、その成果を発表する年4回デモデイで構成されている。Infinity Ventures Summit(IVS)とのコラボレーション・イベントとして開催した第1回デモデイには「cluster.」や「Smooz」などが参加した。なお、このイベントはIVSでのシード権をかけたピッチコンテストとしての意味合いもあった。

WAVEのインキュベーション・プログラムに参加する企業は、Skyland Venturesから500〜1500万円のシード資金を得ることができる。そのほかにも、クリエイティブ・エージェンシーのPARKからブランドやコンセプト作りのサポートを、そして、UIデザインに強みのあるSTANDARDからはUIの開発サポートを受けることができる。

2017年4月に開催されたデモデイの様子

WAVEは合計3ヶ月のいわば短期集中的なプログラム。その期間中にプロダクトリリースとファイナンスのアウトラインを構築することを目標としている。Skyland Ventures代表パートナーの木下慶彦氏は「あえて3ヶ月で区切りをつけ、プログラム終了後の追加ファイナンスへの視野をもっている企業を採択した。それがなければスタートアップ的な事業成長はしないと思う」と語る。

今回のプログラムに参加したスタートアップは、2017年9月上旬に予定されているデモデイでプログラムの成果を発表することになる。