solar panels
環境関連

Teslaのソーラールーフ、初期出荷分を設置完了

次の記事

DJI Sparkが180°セルフィー撮影をサポート――ソフトのアップデートで機能追加

Teslaは、同社ソーラールーフ製品の初出荷分の設置を完了した。ソーラーパネルを組み込んだ瓦でエネルギーを集めるしくみだ。このソーラー瓦が初めて披露されたのは昨年のことで、見た目はふつうの瓦とほぼ変わらないため、従来型デザインのソーラーパネルの設置に二の足を踏んでいた消費者にとっても、美的に魅力ある選択肢といえる。

最初に設置されたのはTesla社員らの自宅で、電気自動車Tesla Model 3の最初と時と同じやり方だ。これは、こうした製品を市場に出すための多大な努力に報いる意味もあるが、新製品の初期段階でテストとモニターをするための戦略的判断であるにも違いない。

「私の家にも、[Teslaの共同ファウンダー]JB[Straubel]の家にもついている」とElon Muskが電話で言った。初出荷分のソーラー屋根は設置されただけでなくすでにエネルギーを生み始めていることも指摘した。

Teslaはソーラールーフの予約受付を第2四半期に開始した。設置された製品は家の寿命「または無限、どちらか早いほう」が来るまで保証される。

  1. screen-shot-2017-08-02-at-6-05-04-pm.png

  2. screen-shot-2017-08-02-at-6-04-59-pm.png

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook