高校生が3Dプリントと機械学習を利用して祖父のための網膜診断システムを制作

次の記事

iPhone 8のカメラはシーンに応じて自動的に設定を変える

もしもあなたが、ぼくと同じように、自分はこれまでの人生でまだたいしたことしてないな、と日頃思っているなら、Kavya Kopparapuのこのプロフィールを読まない方がよいかもしれない。このティーンエイジャーはまだ高校生なのに、ぼくが大学卒業後これまでにやったことよりも、すごいことをやってのけた。いちばん最近では、彼女は祖父の、誰にでもよくある目の不具合を診断する、安くてポータブルなシステムを作った。その症状は気づかれないことが多く、しかし放置すると失明に至る。

3Dプリントで作ったマウントに装着したレンズが、iPhoneで網膜をスキャンし、何千もの網膜画像で訓練された機械学習システムが、一般公開されている既存のサービスをいくつか使って診断をする。彼女はその作品を、先月行われたO’Reilly’s AIカンファレンスで発表した。

もっと詳しく知りたい人は、IEEE Spectrumの記事彼女のブログを読んでみよう。ぼくは、Kopparapuの次のプロジェクトを知りたいね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))