2018年に採用されそうなEmoji(絵文字)一覧

次の記事

スタートアップと企業のための概念実証プラットホームProoVがシリーズBで$14Mを調達

人類はさらなるEmoji(絵文字)を必要としているだろうか。おそらく必要ではあるまい。ただ、新しいEmojiが追加されるのは時代の流れと認めるべきなのかもしれない。評論家の評価は散々だとはいえ、Emojiを主人公にした映画すら生まれ、オープニング・ウィークエンドにて2500万ドルも稼ぎだすのであればなおさらだ。

と、まあそんなわけで、2018年に追加されるEmoji候補が絞りこまれつつある。

Emojiはいずれもシンプルなものであるものの、豊かに感情を表現できることもある。追加するEmojiは、AppleやGoogle、Facebook他の有名企業が参加するユニコードコンソーシアムにて決定されるものだ。コンソーシアム内にはEmojiサブコミッティーが存在する。このサブコミッティーが、関係者の意見を取りまとめて推薦Emojiを決定するのだ。

以下に、現在の段階で追加を提案されている67のEmojiを掲載しておく。たとえば「Face with uneven eyes」(つまりは「酔っぱらい」を表す)や塩入れ(厳しい意見に対する評価エモティコンとして用いられるのだろうか)、あるいはウンコなどが目を引くところだ。すべてがつながる時代にあって、ウンコも何かを表現するために登場してきたというわけなのだろう。

なお、ひとつだけ注意しておきたいことがある。下に紹介しているものが、正式に採用されると決まったわけではないことだ。「候補」を信じこんで、何らかの動きを起こすのは自己責任でお願いしたい。それぞれのEmojiも、現段階ではプレイスフォルダー的なものだ。Apple、Google、Facebookなどの巨人たちが、よりふさわしいEmojiの採用を迫ってくることもあり得るわけだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H