YouTubeアプリが動画共有とチャット機能公開――メッセンジャーに進化

次の記事

楽天が17年2Qの決算発表――メッセアプリ「Viber」はショッピングプラットフォームに

今日(米国時間8/7)、YouTubeはこれまで一部のユーザーを対象にテストをしてきたモバイルアプリにおける共有機能を一般公開する。この新機能はユーザーがモバイル・アプリ内の新しいタブから動画を他のユーザーと共有してチャットができるようにするものだ。これによりYouTubeは一種の動画のメッセンジャーの役割を果たすようになる。

YouTubeは昨年半ばからこの機能のテストを始めており、2017年に入るとカナダのユーザーに公開していた。YouTubeによれば、対象はその後アメリカのユーザーの一部にも拡大されていたという。

この長期にわたるベータテストから得られたフィードバックによりYouTubeは一般公開に踏み切る準備ができたと考えたようだ。動画メッセンジャー機能の公開は今日からスタートするが、世界の全ユーザーに行き渡るには数日を必要とする。つまり読者のYouTubeアプリで動画共有機能が有効になっていない場合でもあわてる必要はない。何日か待てばよいだけだ。

テストを始めて以後、チャット機能を開いたとき、下にスクロールしてもビデオが画面トップに固定されるなどYouTubeではユーザー・インタフェースや共有機能に少しずつ変更を加えてきた。またユーザーがビデオを見ている途中でチャットを始めたり答えたりできるようにした。これによりリアルタイム感が増したという。ただしYouTube Uptimeという実験で導入されているビデオを共同視聴したり絵文字を投稿したりする機能は今回は追加されていない。

しかしYouTubeでは「今後も新しい機能の追加を続ける」としている。

今回の新機能の追加はYouTubeビデオをテーマに他のソーシャルメディアで交換されているやりとりの一部をYouTube内に取り戻そうとする試みだ。他のメッセージアプリ上でYouTubeにビデオのリンクを共有したりそれに関してチャットしたりすることが盛んだが、YouTubeではそうした活動の一部をYouTube内に取り戻そうと考えている。これが目論見どおりに成功するかどうかは注目だ。それぞれのユーザーのソーシャルグラフのあり方に応じてお気に入りのメッセンジャーはすでに固定している傾向が強い。YouTubeの試みが成功するためには、友達や家族を含むソーシャル・ネットワークをYouTube上でゼロから作る必要がある。

新機能自体の使い方は簡単だが、少しオープン過ぎるかもしれない。YouTubeはチャットや共有の相手を電話帳の連絡先リストから選択できるようにしてる。しかし現在、ここで検索されないようにすることができない。つまりよく知らない相手からのチャットのリクエストを目立たないようにブロックする方法がない。もちろんリクエストを拒否することはできるが、名前やアドレスが簡単に探せてしまうのは問題だろう。私はベータテスト中にこの機能を利用する機会があったが、知らない相手からのチャット・リクエストが殺到した。ベータ中でもそうだったから本番公開後はもっとひどくなるに違いない。

ビデオの共有とチャット機能に加えて、YouTubeユーザーは共有されたビデオに対して別のビデオで回答することができる。また最高30人までのグループに対してビデオを共有することができる。

新機能はiOSとAndroidで世界のユーザーに公開される。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+