飲食関連サービスのカオスマップ(2017年版)をトレタが公開

次の記事

IBMがディープラーニングのモデルの訓練を分散並列処理で短時間化するライブラリを発表

飲食点向けの予約・顧客台帳サービス「トレタ」を手がけるトレタは8月8日、同社のブログ上で飲食店向けのITサービスをまとめたカオスマップを公開した

トレタは過去2年間にわたって同様のカオスマップを公開している。

同社はブログ記事のなかで、「いくつか減ったものもあるが、特に訪日外国人向けメディアの増加が今年も顕著」だとコメント。日本を訪れる外国人のあいだで、レストランや食べ物の情報を教えて欲しいというニーズが増えていることが読み取れる。

トレタは2013年7月の創業。同社がEight Roads Ventures Japanなどから12億円を調達したことは、以前TechCrunch Japanでも紹介した(2016年9月)。

また、同社は今年3年目となる外食業界のカンファレンス「FOODIT TOKYO 2017」を9月に開催する予定だ。