AWSがKubernetesのホームCloud Native Computing Foundationに参加

次の記事

TableauがClearGraphを買収、自然言語を使ってデータ分析が行えるようになる

噂では、AmazonのクラウドコンピューティングプラットホームAWSが近く、Kubernetesベースの独自のコンテナ管理サービスをローンチする、とされていた。その噂は、今日(米国時間8/9)AWSが、KubernetesプロジェクトのオープンソースのホームであるCloud Native Computing Foundation(CNCF)に、最上位メンバーのプラチナ会員として参加したことにより、かなり具体性を帯びてきた。AWSの参加によって、MicrosoftやGoogle、IBMなどを含むメジャーなパブリッククラウドプロバイダーの全員が、この、Linux Foundationを上位団体とする現代的なクラウド管理技術の推進団体に加わったことになる。

最近の調査によると、Amazon(==AWS)はすでに、Kubernetesを用いたデプロイの大半をホストしているので、Amazonが、ある意味ではKubernetesプロジェクトの本拠地であるCNCFに加わっても、それほど意外ではない。しかも重要なのは、AWSはほかにも大量のオープンソースプロジェクトを利用しているし、また自分のプロジェクトをGitHubで頻繁に公開していることだ。また同社は2013年以来、Linux Foundationのメンバーであり、そこのCore Infrastructure Initiativeの創設メンバーだ。同社が主なコンペティターたちと違うのは、Cloud Foundry Foundationに参加していないことだ〔関連記事〕。

CNCFに関しては、Amazonは同グループのコンテナランタイムcontainerdを提供している。CNCFは今日の声明で、こう言っている: “AWSはクラウドネイティブのコミュニティで積極的な役割を果たし、containerdなどでKubernetesなどのクラウドネイティブ技術に寄与貢献している”。AWSのクラウドアーキテクチャ戦略担当VP Adrian Cockcroftが、CNCFの理事会に加わる。

Cockcroftの発表声明は、Kubernetes関連のAmazonの短期的プランを述べていないが、すでに同プラットホームへの広範な支援を提供し、この急速に拡大している分野において、競合するGoogleやMicrosoftの利益にもなっているわけだから、今後はAWS上でKubernetesをよりダイレクトにサポートしていくことは、ほぼ確実だろう。これまでAWS上でKubernetesを使うためには、サードパーティ製のツールを使う必要があった。

参考記事

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))