Louis-Vuitton
prada

機械学習は高級ブランド品の真偽を見分けることもできる…物の顕微鏡レベルの特質を比較

次の記事

ビデオ編集時に画面から何かを取り去ったり加えたりする技術を持つFayteqをFacebookが買収

賢人かつて曰く、“帽子の後ろにLとVがあるはずじゃ、スワップミート*のやつにはないぞ”。そして今では、賢人がいなくてもテクノロジーの力で、あなたが買ったLouis VuittonやPradaやCoachが本物か分かるのだ。そのシステムはスマートフォンに小さな顕微鏡を接続して、各時代における、本物と偽物の違いを学習し判断する。〔*: swap meet, 物々交換売買会、今の日本語で言うなら“フリマ”。よく、ニセモノを買ってしまう。〕

ニューヨーク大学のLakshminarayanan Subramanian教授はこう語る: “われわれのシステムの原理は、本物の製品の顕微鏡レベルの特質は、その製品がどんなに多くても同じなので、製品を偽物と区別するために利用できる、というところにある”。

研究者たちはEntrupy Inc.というスタートアップを作ってこの技術を商業化した。ファウンダーはニューヨーク大学の博士課程を卒業したVidyuth SrinivasanとSubramanian教授だ。有料会員になると、月に10数回、偽物本物の検証ができる。

このシステムは非侵襲的で、商品を傷めない。これまでに300万もの画像で訓練されているから、試料の評価をほとんど瞬間的にできる。瞬間、といっても15秒ぐらいだが、その間に、織物や、皮革、錠剤、靴、玩具などの真偽を区別する。一部の電子製品も、真偽の見分けが可能だ。

“分類の精度は98%以上だ。システムの利用はスマートフォンからできるし、日常的な品物ならほとんど何でも扱える”、とSubramanian教授は語る。

Entrupyはこれまで260万ドルの資金を獲得し、財布や時計をはじめ、真偽を見分けた品目数は1400万点にものぼる。偽物だ!と売り手に怒りをぶつける前に、このシステムの審査結果を証拠として入手するとよいだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))