minibar
drizly

アルコール飲料デリバリーのMinibar、500万ドルを調達

次の記事

Mobalyticsのゲームプレイ分析指導エンジンが公開ベータに入る、一般公開は年末を予定


ワイン、ビール、ウィスキーなどのマーケットプレイス、Minibar Deliveryは、本日(米国時間8/15)500万ドルの資金調達を終えたと発表した。リードしたのはCorigin Venturesで、ほかにFemale Founders Fund、Winklevoss Capital、LanuchCapital、およびRiverPark Venturesが参加した。

Minibar Deliveryの開業は2013年で、酒店やEコマース店舗や個人がクリック一つでアルコール類を購入できるサイトだ。それ以来同社は米国内37地域に市場を拡大し、新たな市場へのテスト出荷を開始した。

配送サービスは、37の地域以外のMinibarユーザーがサイトで注文すれば、商品を郵送するものだ。

酒店は在庫と価格のバックエンド管理が可能で、ユーザーは酒の種類、ブランド、地域内の店舗を選んで購入できる。受注した酒店は、商品の発注、受け取り、梱包、発送を行う。

Minibar Deliveryの共同ファウンダー、Lindsey Andrewsによると、配送品の大部分はワインだという。このため同社は全国のワイン農場と提携して各ワイナリー商品の配送を引き受け、ユーザーに幅いろい種類のワインを提供している。

「われわれは急成長しているが、ほとんどの人はMinibarのことを知らない」とAndrewsは言う。「ワインやウィスキーやビールがEコマースに移行していることを消費者に知らせることが課題のひとつだ」。

この分野の競争は激しく、PostmatesAmazonを始めとする大手も積極的にアルコール販売に注力している。

それでもMinbarは、500万ドルの資金を武器にライバルと戦う準備が整った。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook