Appleとハリウッド、デジタル映画の早期レンタルで交渉中

次の記事

Amazon・Alibabaの2強状態の中、EC企業に残された道とは

ワーナーブラザーズやユニバーサルピクチャーズを始めとする映画会社は、新作映画を劇場公開からわずか数週間後にレンタルする計画について、AppleおよびComastと検討を続けている。Bloombergが報じた。しかし話し合いには、劇場チェーン運用会社という強力なメンバーが入っていない。記事によると、今もハリウッドに強い影響力を持つ彼らはこの話を喜んでいない。

消費者が映画1本当たり30~50ドルを払えば、劇場公開から早くて2週間後に見ることができるという早期レンタル計画については以前にも記事になった。昨年12月、Bloombergがこの計画を取り上げ、これは低調なホームビデオとDVD販売にてこ入れするために映画会社が始めた取り組みの一環だと説明していた。

その後変わったのは、映画会社やAppleを始めとする計画賛成派と、劇場チェーン運用会社を中心とする反対派との交渉が手詰まりになっていることだ。計画の中には新しいレンタル方式の収益を劇場と分配する案もあるが、実現するためには映画館側が10年契約を望んだため、映画会社側はのむことができなかった、とBloombergは伝えている。

それでも、希望する会社は早ければ来年中に、劇場公開からわずか2週間後にAppleやComcastなどでデジタル映画を配信できる。もちろん思わぬ弊害を生む可能性もある。劇場チェーンは、この種の協定に参加する会社の映画を上映しないと言う選択肢もあるからだ。

Disneyのようにこの計画に乗ってこない映画スタジオもある。Bloombergによると、同社の作品は大きな画面で見るのが最適だと考えているからだという。計画に賛同していることを公言している会社もある。Lionsgate CEOのJon Feltheimerは、来年のうちにはこのプラットフォームに参加する可能性が高いと言い、「ビジネスとして非常に有望」なので実現を望んでいる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook