Facebook、360度写真がアプリ内で撮影可能に。カバー写真にも

次の記事

“Plame事件”のヒロイン(?)がトランプをTwitterから追放するキャンペーンを開始

Facebookは360度写真とビデオの熱烈な支持者であり、この没頭メディアフォーマットを早くからサービスに取り入れてきた。このたび、360度写真をFacebookアプリ自身で取り込めるようになった。

この360度写真機能は、iOSおよびAndroidアプリで今日(米国時間8/22)から公開が始まった、ズームや友達のタグ付けもできる。さらに、360度写真(どこで作ったものでも)をカバー写真にすることもできるようになった。Facebookがカバー写真を導入して以来、これが初めてのフォーマット追加になる。

  1. 360-photo-capture-from-timeline.png

  2. 360-photo-capture-path.png

  3. 360-photo-in-feed.png

360度写真はFacebookの通常の写真と同じように扱われる。つまり、タイムラインに投稿したり、普通の写真と一緒にアルバムに入れたり、グループに追加したりできる。Facebookカメラを使った取り込みは、できる限り簡単に作られていて、Facebookはコンピュータービジョンを応用して、撮影した写真を自動的につなぎ合わせパノラマ形式にする。

【日本語版注:公開は(例によって)展開されるため、全員に機能が行き渡るまでには時間がかかる】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook