Galaxy Note 8にて、さらに進化したスタイラス(S Pen)

次の記事

GraphPathの「サービスとしてのナレッジグラフ」は大企業へのAI導入を狙う

サムスンのGalaxy Note 8には、前バージョンと同様にS Penが付属している。ただ、S Penの形状は同様でありながら、できることがさらに増えている。多くの人の注目を集めるだろうと思われるのがLive Messagesの機能だ。手書きのメモやイラストなどを、アニメーション化して共有することができるのだ。

さらに翻訳機能も興味深い。すなわちS Penを使ってテキストをなぞれば、それを母国語に翻訳してくれるのだ。翻訳機能はいまや一般的なものとなりつつあるが、ペンでなぞって翻訳するのは使い勝手も良さそうだ。充実したメモ機能と相俟って、ビジネス用途で利用するユーザー層へのアピール力が増したように思われる。

翻訳機能と同じ方向性のものではあるが、ペン先でなぞることにより、外国の通貨単位を母国のものに変換することもできるようになっている。たとえばカナダに住んでいれば、頻繁にドルとの変換作業が必要になるものだが、そうした人にもこの機能は便利なものとなるだろう。

また、スリープ状態でメモを記すことのできる「Screen Off Memo」にて、メモすることのできるページ数が100ページに増大した。省電力状態で多くのメモを取ることができるし、また通話中などにメモをするのにも便利になった。

S Penは本体右側に収納する形で持ち運ぶこととなる。スタイラスはGalaxy Noteのウリのひとつであったわけだが、今回の進化にもサムスンがスタイラスにかける思いのようなものが伝わってくるようだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H