Tesla、電動トラックの走行距離は200~300マイルか(ロイター発)

次の記事

Apple、次期iPhoneの価格を999ドルからに設定か

Teslaは、9月のイベントで貨物用全電動トレーラー車を披露することをすでに発表しているが、詳しいことはほとんどわかっていない。このほどReutersは、フル充電時の走行距離が200~300マイル(320~480 km)になる見込みであると報じた。これは、このトラックが中距離運送を問題なくこなせることを意味している。

記事が伝えているように、この場合Teslaのトラックは、満タンで最大1000マイル走る燃料エンジン長距離トラックとは直接競合しない。それでも300マイルは、「長距離」の入門レベルとして十分長いと言える。

Teslaは、潜在顧客のニーズを直接聞きながらこの車を開発している、とCEOのElon Muskは言う。最終的にTeslaが作る車に対する顧客の関心について、彼は楽観的だ。トラックには自動運転機能もつくらしいとReutersは報じている。Telsaは無人大型車のテスト走行について、すでにDMV(州陸運局)と話をている。

商業運送業者にとって、Teslaトラックを採用するかどうかの重要な要素はコストだ。重い荷物の長距離運送に必要なバッテリーは、著しく高価に違いないが、おそらくTeslaは、長期にわたるメンテナンスや燃料コストの節約を売りにするだろう。

9月発表の予定は今も変わっていないので、Teslaトラックの実際の走行距離はまもなくわかるはずだ。自動運転もTeslaがこの車を売る上で後押しになるだろう。Muskはトラックの量産にはまだ1~2年かかると予想しているのでなおさらだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook