そしてエミー賞は…………Apple、DJI、Microsoft、およびComcastに決定(?! 💁)

次の記事

大麻情報ウェブサイトHerbが410万ドルを調達

つい先ほど、様々な舞台裏での活躍が認められたテクノロジー企業数社がエミー賞を受賞した。そんな部門があることも実は知らなかった。いや、聞いたことはあった。これは「全米テレビ芸術科学アカデミー」の「科学」の部分だ。ただ、めったに大きく扱われることがない。それはともかく、AppleがSiriで、MicrosoftがSkypeで・・・そしてComcastがX1リモコンで受賞したのは、やはり少々奇異に感じる。本当か?

彼らの栄誉をけなすつもりはない。ただ、こういう奥深く埋め込まれたテクノロジーがエミー賞の対象になることを考えたことがなかっただけだ。もちろん私が無知だっただけだが、言い訳をすると、もっとよく知られている「ベスト・サウンド・デザイン賞」ほどわかりやすくはない。

たとえば今年は:「高速で動く投球または打球を追跡、表示するための3次元ドップラー・レーダー・システム」に与えられた賞もあった。TrackManとMLB Advanced MediaとChyronHego、おめでとう。

そういうわけでこれは、最近テレビで見るすごいものを可能にした会社や人々を称賛する方法としてあまり系統だっていない。Game of Thronesのスウィーピングショットを楽しんだ人はいるだろうか?誰かがあれを可能にする必要があった。この場合それはDJIとJohn McGrawとFlying Cam Incを始めとする数十人で、「テレビ用(非軍用)低遅延遠隔操縦空中ビデオプラットフォーム」を開発した。

Microsoftのエミー賞は「消費者向け統合ビデオ会議サービスの放送制作環境およびワークフローへの応用」。これは簡単なことではない。

Apple、Comcast、Nuance、およびUniversal Electronicsは「TVコンテンツの発見および操作のためのコンテキスト対応音声ナビゲーション」で受賞した。「Siri(あるいは誰か)、犯罪ドキュメンタリーを見せて!」というあれだ。Xboxがずっと前にこれをやっていたのを知っているので、なぜここに名前がないのかわからない。むしろMicrosoftは数年前に「テレビを拡張するデバイス」で受賞すべきだった。その一年前にはジェスチャーで。

Comcastの受賞は、音声対応リモコン X1で、昨年はこのプロジェクト(ほか多数)を率いた男が、生涯業績賞を受賞した。すごいね!

上記の受賞者にレッドカーペットは用意されていないかもしれないが、こういうかなり特殊でふだん目立つことのないテクノロジーが、テレビ業界から認められるのを見るのはいいものだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook