バング&オルフセンおよびソニー、AirPodが開拓したワイヤレスイヤホン市場に参入

次の記事

3000ドルで売れるフルカラーの3DプリンターをXYZPrintingが発表、コロンブスの卵のようなアイデア

AppleのAirPodが登場して以来、ワイヤレスイヤホンの人気が高まりつつある。そんな中、新たに市場参入を発表した企業がある。IFA 2017にて、バング&オルフセン(Bang & Olufsen)およびソニーが参入を表明したのだ。商品性能はおいておくとして、まずは見かけの点でAirPodとの差別化を行なっている。

バング&オルフセンのBeoplay E8は、バッテリー持続時間が4時間で、素材にはアルミニウムおよびステンレス、およびテクスチャ加工されたラバーを使用している。ケースの外装も革製となっている。バング&オルフセンによれば、これまでのイヤホンと同様のサウンドシステムを利用してるとのこと。おそらくは、価格なり(299ドル)の価値を感じさせてくれるのだろう。

ソニーのWF-1000Xの方は、価格が199ドル99セントとなっている。バッテリー持続時間は3時間だ。接続にはBluetoothないしNFCを利用する。NFCが使えるのなら、接続が非常に簡単に行えることとなる。

両社のモデルとも、外部の音を透過させるモードも用意している。歩行の際などには、外部の音も入ってきたほうが安全だからだ。ソニーはAmbient Soundモードと名付けていて、バング&オルフセンの方はTransparencyモードと呼んでいる。

双方ともになかなかのプロダクトであるようだが、競合製品とはトータルに比較する必要があるだろう。たとえばAirPodはより長いバッテリー稼働時間を誇っているし、よりコンパクトなケースを用意していて、さらにFind My iPhone機能にて探すこともできる。159ドルの価格も魅力だ。さらにMacを利用しているのなら、iPhoneおよびMacの両者で簡単に利用することができるのも便利だ。

ワイヤレスイヤホンは徐々に市場に投入されつつあるところで、興味深いプロダクトも出てきている。TechCrunchスタッフの間では、AppleのAirPodが多数派の地位にあるものの、BragiのDash ProHear Oneなどのファンもいる。選択肢が増えれば増えるほど、消費者にとっては好ましい状況となっていくのだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H