Moleskineの次世代手帳はGoogleカレンダーに同期する

次の記事

高齢者の徘徊、転倒、転落、不正な食事や睡眠等々の健康状態がすべてリモートで分かるリストバンドAifloo

私は日程を管理するために主にほぼ日手帳Weeksを使っている。同僚のJohn Biggsが紙版の手帳をレビューした記事にもあるとおり、「ほぼ日手帳Weeks」は私の取材アポイントメント、to-doリストなどを記入するのにぴったりのスペースがあり、携帯にも理想的なサイズだ。ただしGoogleカレンダーに自動的に同期してはくれない―普通の紙の手帳だ。Moleskineの次世代手帳はLivescribeというスマートペンと特別な紙を使っており、Googleカレンダー同期するという。

この手帳はMoleskineのスマートライティングセットとしてGoogleカレンダーに自動的に同期する最初の製品となる。現行製品は手書きのエントリーをスマートフォンで撮影するかLivescribeスマートペンを使うことによって内容をデジタル化することができた。

他のLivescribeシステムと同様、このMoleskine Smart PlannerもMoleskine ペン+というスマートペンを用いており、専用のスマートペーパーに書いた内容は逐一デジタル化される。会議やアポを予定欄に書き込むとユーザーのGoogleまたはAppleアカウントに同期し、内容をカレンダーの所定の日時に転送してくれる。

この自動転送システムが機能するためにはスマートペンとスマートペーパーの双方が必要だ。

製品が世界で入手可能になるのは9月12日だという。ただし価格は私が使っている「ほぼ日手帳」よりだいぶ高くなる。スマートライティングセットの価格は199ドル(ただし手帳のみは29ドル)。

現在市場にはLivescribeを含めていくつかスマートペン・システムが出回っているが、カレンダーに自動的に同期するプロダクトはなかったと思う。この点がMoleskineの新製品のセールスポイントだ。私のように紙にペンで書き込む体験を楽しむユーザーにとっては紙の手帳にオンライン・カレンダーの便利さが合体される注目の製品になりそうだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+