Apple曰く今度のデベロッパーサービスの事件はバグのせい、セキュリティ侵犯ではない

次の記事

キーホルダーぐらいの小さなデバイスが食品中のさまざまなアレルゲンを検出してくれる

Appleの説明によると、デベロッパーのアカウントに短時間影響を与えた問題はバグが原因で、一部の説のようなセキュリティの侵犯ではない。

今朝(米国時間9/6)、Appleのシステム上にある一部のデベロッパーのアドレスが、ロシアのある場所に書き換えられた、という報告がいくつか入ってきた。ヒラリー・クリントンの選挙参謀のメールアカウントのハッキングをはじめとして、最近はロシアを悪者視する風潮もあるため、今回のその事件も、アクセス権限のない第三者の仕業(しわざ)か、という不安が走った。

[ぼくのチームの全員がロシアで登録している。すごいな。]

しかしAppleは、システムは侵犯されていない、と述べた。

同社はデベロッパーたちに次のような注記を送り、まだ特定されていなかったバグが一時的な問題を起こした、と説明した。被害者はデベロッパー全員ではなく、“一部”だそうだ:

アカウント管理アプリケーションのバグにより、あなたのアドレス情報が、Apple Developer Webサイトのアカウント詳細で一時的に不正に表示されました。被害を受けたデベロッパー全員が、同じ不正なアドレスになりました。原因となったコードレベルのバグは直ちに解決され、あなたのアドレス情報は今では正しく表示されています。セキュリティの侵犯はなく、Apple DeveloperのWebサイトやアプリケーション、サービスなどはいっさい毀損されておりません。また、あなたのApple Developer会員の詳細情報は誰からもアクセスや共有、表示をされておりません。

2013年には、AppleのDeveloper Centerがハックされてまる三日間ダウンしたが、今週の事件はそれの繰り返しではない。でも、ロシアとAppleのデベロッパーの二つが並んで登場することは、一部の人にとって、とてもおもしろいかもしれない。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))